キャリア開発学科

専門知識を身に付け、夢の実現に向けて、キャリアデザインを考える
ビジネスに必要なスキルと豊かな人間性を身に付け、社会人としての資質を磨きます。

キャリア開発学科では、仕事や生活をする上で、自分らしさを生かしながら、社会に貢献できる人間性豊かな人材を育むことを目標としています。したがって、自分だけの価値を見つけだし、自分に合った職業、分野を知るためのキャリア形成を重視しています。基本モデルとしての「事務職モデル、サービス・販売モデル、編入学モデル、留学モデル」の4つのモデルと、さらにスキルアップするための「リーダー志向モデル、グローバル・ローカル対応モデル」を参考にしながら、自分に合ったカリキュラムを編成し、ビジネスに必要なスキルと自律心を身に付け、社会人としての夢の実現を目指します。

また、ビジネスや社会の第一線で活躍する特別講師の講演や実技指導を通して、社会の動向を掴むチカラや実践力を備えた人材を育てます。キャリア形成のためのサポート体制も充実しています。先輩たちから受け継がれる貴重な就職情報を蓄積したキャリア情報管理システム(n-cats)では、パソコンで自分のキャリアデータを自由に確認・更新ができます。さらに初年時から開かれる就職活動支援セミナー、先生と学生の距離感の近い教育方針など「面倒見のよい中村」を実現しています。

特徴・ピックアップ

適職へと導く本学科独自のシステム

キャリアや進路、就職指導のためのキャリアサポート室が準備されています。
指導のほか、本学科が独自に運用するキャリア情報管理システム(n-cats)があり、自分のキャリアデータの確認・更新や先輩たちの就職活動の報告データの閲覧などができるので、自分に合った職業や分野について考えるのに役立ちます。

即戦力となる人材育成のための教育課程

教養や実務能力、エチケットやマナーなどを中心に、ビジネスの現場で活躍できる社会人となるための知識、技能などをバランスよく効率的に学べるカリキュラムを実施しています。

学園マナー「Nakamura Style」の徹底

「しつけの中村」の伝統を受け継ぐマナー教育に力を入れています。マナーは社会人になってから学ぶものではなく、学生のときから習得化しておくべきもの。挨拶や身だしなみなど、さまざまな指導や取組みを行っています。

学科の特徴

その他

授業参観

本学科では、学内者、在学生の保護者および併設校に対して、授業の随時公開を実施しています。

授業参観アンケート
[保護者、併設校用](様式[word])
授業参観申込/アンケート
[学内者用]
  • プレカレッジ課題提出要領
  • 学生支援推進プログラム

取得できる学位

  • 短期大学士(家政経済学)

取得を目指す免許・資格

  • 日商PC検定(文書作成・データ活用)
  • 日商簿記検定
  • 秘書技能検定
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定
  • 色彩検定
  • 全経簿記検定
  • サービス接遇検定 他

卒業後の進路

  • 銀行、保険会社、証券会社、その他企業の一般事務
  • ホテル、空港、旅行会社などの受付・カウンター業務
  • メーカー、サービス業、デパート、小売業などの販売・営業
  • 本学 流通科学部・教育学部、その他四年制大学への編入学
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示