食物栄養学科

学科の特徴

確かな知識と技能、そして温かい心。
日常の食生活を通じて健康作りを担う食の専門家へ

食物栄養学科ではライフステージに則した健康管理のための栄養・調理の知識、技術を修得し、少子高齢社会において即戦力となって活躍できる栄養士を育てます。 さらに、柔軟な思考と行動力をもって、多岐にわたる職種にも対応できるよう、活力溢れる心温かい人材を育てます。

全国屈指の伝統と実績を誇る中村ならではの充実した調理実習や補完授業などで、調理技術や知識の習得をバックアップ!学校、病院、施設、保育所、幼稚園、食品企業など、さまざまなところで活躍できる栄養士を育成します。

カリキュラムの特徴

2年間という比較的短期間に「栄養士」(および「フードスペシャリスト」)になるための専門知識と技術を効率的に修得し、同時に社会人になるための教養も身につけられるカリキュラムとなっています。

1講義・実技

専門教科は講義だけでなく、実習・実験を通して身体で修得

栄養士として必要な栄養、健康、食品、衛生、調理に関する専門知識と技術を必修科目として講義と実技を通じて修得します。

2一般教養

選択科目として一般教養科目も充実

一般教養として、法律に基づく社会の仕組みや人間関係、文字や芸術などの教科についても選択科目として準備しています。

3フードスペシャリスト

資格取得を目指したカリキュラム

食の専門家である「フードスペシャリスト」の資格が得られるように「フードスペシャリスト論」や「フードコーディネイト論」も開講しています。

4校外実習

栄養士業務の実際を学ぶ

専門職として相応しい知識や技術、態度を学ぶために、社会人になる前の第一歩として、各種給食施設での「校外実習」も経験します。

5セミナー

学生自らが指導教官を選ぶ

学生自らが指導教官を選ぶ「セミナー」では、自主的な学習・研究の指導を受けることにより、自主性と学習意欲を深めることもできます。

実務知識が身に付く「栄養士基礎講座」「栄養士総合講座」

1年次前期に設定されている「栄養士基礎講座」では、保育園や高齢者福祉施設ほか、給食施設における栄養士の役割や業務内容について、主として若手の栄養士(社会での実務者)によるオムニバス形式の授業で学びます。

また、1年次後期には、ベテランの栄養士によるオムニバス形式の授業で、栄養士としての心構えや栄養士業務の重要性、各種給食施設における栄養士業務の詳しい内容などを学びます。

両講座とも、講義や解説だけでなく、質疑時間や学生同士によるディスカッションの時間を設けるなど、栄養士としての実務知識が身に付く内容となっています。

管理栄養士になる道も開かれています

食物栄養学科卒業後、3年の実務経験を経れば管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。
また中村学園大学栄養科学部栄養科学科への編入学の道もあります。

中村学園大学への編入について

短期大学で2年勉強して社会にでて働きたいと思って入学した人も、勉強しているうちにもっと学びたいと考えるようになる場合があります。今は、多くの大学が開かれた大学を標榜していますから、いろいろな大学に編入できる仕組みになっています。中村学園大学栄養科学部栄養科学科も20名程度の3年次編入学の募集があり、本学科からも毎年10数名が編入学しています。

これは管理栄養士を目指す人にとっては大変魅力的です。また、短期大学部在学中の成績が優秀で向学心やコミュニケーション能力が優れていれば、推薦編入学も可能です。

その他、栄養科学部フード・マネジメント学科や流通科学部流通科学科への編入の道も開かれています。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示