食物栄養学科

3つのポリシー

教育目標
食物栄養学科は、ライフステージに応じた栄養・調理の知識と技術を修得し、少子高齢社会において一人ひとりのライフスタイルに即した健康管理に貢献できる栄養士を育てます。また、幅広い教養と倫理観を修得することにより、社会人としての良識と判断力を持った積極的で心温かい人材を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本学科は、社会で活躍できる栄養士を育成するため、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校卒業レベルの教養的知識・技能、語学力ならびに科学的知識を有している人
  • 2.栄養士になるための専門知識・技術を修得する強い意欲がある人
  • 3.協調性があり、基本的なコミュニケーション能力を身につけている人

【入学前の学習について】

  • 1.栄養士になるための学修内容の概要、栄養士業務の大略と社会的役割について予備的知識をもつ。
  • 2.本学科が行う種々の入学前教育に積極的に取り組む。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学科では、厚生労働省が定める教育内容と単位数を充足し、本学の卒業認定・学位授与の方針を達成するための教養科目、専門科目等を体系的に編成した授業を開講します。

  • 1.短期大学生として身に付けるべき教養ならびに社会人基礎力を養うための科目を配置する。
  • 2.栄養士としての基礎的および専門的知識・技術に関する教科を配置する。
  • 3.栄養士として多様な状況に対応できる栄養の指導ならびに給食の運営に関する知識・技術の修得を図る発展的科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科では、規定の課程を修め、次のような資質・能力を備えた人に短期大学士(食物栄養学)の学位を授与します。

  • 1.本学の「建学の精神」および本学科の「教育目標」を修得している。
  • 2.栄養士としての基礎的知識・技術および社会人力を修得している。
  • 3.栄養士として、種々の状況に応じた実践力を修得している。
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示