流通科学部 流通科学科

学部学科の特徴

就職率の高さが流通科学部の一番の強みです。

1年次から就職に向けた指導に力を入れています。学生の希望職種の系統に沿った指導、すでに内定した先輩からアドバイスが受けられる制度、面接指導など、専任の就職担当スタッフによる具体的なアドバイスやサポートが高い就職率へとつながっています。

就職決定率:98.3%(全卒業者数:258名、就職希望者数:230名、就職決定者226名、進学者数:2名。平成28年3月卒業生)
流通科学部就職状況:98.3%

3つのコース制

<流通・マーケティング><経営・会計>そしてグローバル社会に対応した<アジアビジネス>の3コースがあります。

流通・マーケティングコース

さまざまなビジネス現場に役立つ、生産から消費にまで精通した〈流通科学〉のプロを目指す!

生産から消費までの流通の成り立ちを理解し、商品開発や企業の販売戦略を考える「マーケティング分野」、原材料の調達から生産・販売に至るまでの物流を総合的にマネジメントする「ロジスティクス分野」で活躍できるプロフェッショナルを育成。流通・マーケティングにおける専門的な知識と能力を身に付けることを目標としています。

経営コース

経営管理および会計の専門家と起業家に必要な経営全般の知識・技術を習得

経営・会計のプロフェッショナルと、ベンチャーを起業するアントレプレナー(仏語で起業家)を育成します。経営者や企業の企画担当・人事担当など将来的に経営に関わると期待される幹部候補を目指す「ベンチャー・経営」と、財務・経理部門での即戦力、または金融業界での活躍を目指す「財務・会計」からの2つの履修ルートを設け専門知識・能力の習得を目標とします。

プラスグローバル化する社会の中で活躍するために
アジアビジネスコース

アジア地域を視野に入れた国際ビジネスのエキスパートを育成

グローバル化するアジアのマーケットに対応したビジネスパーソンを育成します。ビジネスパーソンに求められる語学力、アジア地域での活躍に必要な一般知識の習得ほか、海外体験学習もカリキュラムに導入。

活発なキャリア教育

学問の知識を学ぶだけでなく、企業・地域と組んで商品開発を行ったり、プロスポーツチームの広報活動を経験するなど、ゼミナール活動を通じて課題解決に取り組むことで、実践力と行動力をさらに鍛えます。

商品開発

お茶風呂パック はいりん茶い
福岡の特産品である「八女茶」の有効活用法を提案。製茶会社の協力を得て、八女茶の茶葉や粉末を利用した天然入浴剤「お茶風呂パック はいりん茶い」を企画、販売。商品開発の視点で八女茶の消費拡大や認知度向上に取り組みました。

広報支援

ライジングゼファーフクオカ
福岡のプロバスケットボール「ライジングゼファーフクオカ」の開幕試合の準備に関わり、会場設営、企画、広報、アンケート調査、物品販売など運営全般に携わりました。アンケートの分析結果は、「ライジングゼファーフクオカ」のマーケティングなどに活用される予定です。

少人数制できめ細かなサポート

1クラス規模の学生を担当教員が受け持つ「指導主任制度」を採用し、少人数制で各学生へのきめ細やかな指導で、勉強の仕方や学生生活のことなどについて専任教員がサポートします。2年次の後学期からは、学生全員がゼミナール(流通科学研究演習 I・II・III)に所属し、専門分野を深く学ぶとともに、卒業論文(卒業要件)を作成します。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示