キャリア開発学科

3つのポリシー

教育目標
流通科学科は、実際の企業活動や経営を題材とした教育を理論と実践を通じて行い、具体的な知識・能力に基づいて状況の変化に柔軟に対応し、広く社会において指導的活躍が期待される人材を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

流通関連分野の専門家を育成するため、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校までの学習内容を十分に理解している人
  • 2.企業活動や経営について積極的・主体的に学習する意欲がある人
  • 3.問題意識を持って社会の変化を観察し、疑問を解明する人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

流通関連分野の専門家を育成するため、

  • 1.広範囲の教養と知識を習得する、「教養教育科目」
  • 2.語学や情報処理を習得する「共通基礎科目」
  • 3.問題発見・解決能力や表現力を習得する「キャリア開発科目」

等を中心に、講義・演習を適切に組み合わせた授業をおこないます。
2年次以降に専門分野(コース)として、「流通・マーケティングコース」「経営コース」を選択し、これに加えてアジアのビジネスについて高度に学ぶ「アジア・ビジネスコース」を設置しています。ここでは、

  • ・専門分野の知識と能力を習得する、「専門科目」
  • ・専門分野の教員から直接ゼミ指導を受ける、「流通科学演習科目」

等を中心に、より専門的な授業をおこないます。カリキュラム全体を通して、アクティブラーニング等の学生を主体とした授業を多く開講します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科では、流通関連分野の専門家として、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を習得した人に対して卒業を認めます。

  • 1.具体的な企業活動や経営に関する分野の基礎知識と、それぞれの専攻における専門知識と実践力を身に付けている。
  • 2.実社会の経営課題について関心・問題意識を持ち、解決に導く態度を有している。
  • 3.発見した課題を解決し、その結果を論理的に分かりやすく表現できる。
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示