キャリア開発学科

3つのポリシー

教育目標
流通科学部は、経営分野と商学分野を中核とした教育を理論と実践を通じて行い、広く社会全般で指導的役割を果たすことができる人材を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

流通関連分野の専門家を育成するため、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校までの学習内容を十分に理解している人
  • 2.経営分野、商学分野について学習する意欲がある人
  • 3.問題意識を持って社会の変化を観察し、疑問を解明する人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

流通関連分野の専門家を育成するため、以下の科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。カリキュラム全体を通して、アクティブラーニング型の学生を主体とした授業を多く開講します。

  • 1.広範囲の教養と良識を修得する「教養科目」
  • 2.本学部での学修に必要な基本的能力(Academic Literacy、Business Literacy、Communication Literacy、Language Literacy)を修得する「共通基礎科目」
  • 3.経営コース科目と商学コース科目を配置する「基幹科目」
  • 4.キャリア開発を行うとともに専門分野の知識と能力を修得するための「専門演習科目」
  • 5.より発展的な領域(社会調査・統計領域、観光・サービスビジネス領域、IT&ビジネス領域、ビジネス心理領域)を学修するための「発展科目」
  • 6.本学部が特に目指す人材(ビジネスリーダー、グローバル人材)を育成するための「人材育成プログラム科目」

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学部では、4年以上在学し本学の課程を修め、次のような資質・能力を備えた者に卒業を認めます。

  • 1.実社会に通用する教養と良識を修得している。
  • 2.経営分野及び商学分野の基礎知識を身につけている。
  • 3.経営分野及び商学分野いずれかの専門知識と実践力を身につけている。
  • 4.実社会の経営課題について関心・問題意識を持ち、解決に導く態度を有している。
  • 5.発見した課題を解決し、その結果を論理的に分かりやすく表現できる。
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示