教育学部 児童幼児教育学科

学部学科の特徴

こんなチカラが身に付きます

社会の求める教育者・保育者に必要とされる各分野の専門科目を深く学びながら能力を高め、学校や幼稚園、保育所などで実習による経験を積み重ねることにより実践力を養います。また、少人数制のゼミナールによる人間教育で豊かな人間力を身に付けます。

  • 幼児や児童の発達についての知識・技能を基礎とした小学校教諭・幼稚園教諭・保育士などの専門職
  • 幼児や児童の支援と教育についての素養を備えた社会人としての資質
  • 主体性・協調性 ・問題解決能力

学生と教員及び学生相互の繋がりを大切にした学び

指導主任制度やオフィスアワー制度を設け、質問・相談ができる環境があります。

1年次は初年次教育(スタディ・スキル)や教養教育および専門基礎理論を中心とする学びの中で、仲間や教員とのより良い出会いがあります。宿泊研修や少人数での演習、さらに教員との個別進路相談体制も充実しています。

2年次は学習指導、保育支援、実技・実践の授業科目で、教育・保育分野の基礎理論を学ぶとともに小グループでの演習や発表、模擬授業提案等を行います。その中で、仲間や教員との広がりも生まれてきます。

3年次は学習指導、保育支援等の授業科目の専門性が深まり、実習、研究ゼミも加わって、学習内容と共に仲間や教員との深まりができます。

4年次は実技・実践、専門発展、卒業研究等の授業科目や実習を通して、卒業後の進路に向けた自主的な取組で、仲間や教員との関係はさらに生きてくるものとなります。本学での4年間の学生生活は、高い専門性と十分な実践力を身に付け、社会に生かす学びの集大成となります。

教育学部で取得可能な免許・資格

教育学部が養成する、「小学校教諭」「特別支援学校教諭」「幼稚園教諭」「保育士」。
学びながらなりたい将来がよりリアルに、ハッキリ見えてくるのも中村の学びの特徴です。

小学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状(知的・肢体・病弱)、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格

※特別支援学校教諭一種免許状(知的・肢体・病弱)は、小学校教諭一種免許状と合わせて取得する必要があります。

付属幼稚園・姉妹法人付属保育園で、実践力が身に付く環境の提供

大学付属のあさひ幼稚園・壱岐幼稚園、そして姉妹法人のおひさま保育園との連携の中で、豊富な保育実践を経験します。保育の現場での様々なふれあいや体験を通して教育者・保育者としての自覚や喜び、夢を育む環境を提供します。

  • あさひ幼稚園
  • 壱岐幼稚園
  • おひさま保育園

小学校教員採用試験―毎年高い合格者数と合格率―

小学校教員は専門職として、高い就職率を誇ります。
平成31年度小学校教員採用試験では受験者数107名中、実数71名(延べ74名)が現役合格を果たしています。また、卒業生も多数合格しています。

平成30年度の小学校教員採用試験合格状況 現役合格者数:116名受験中、91名合格!

幼稚園教諭・保育士の就職―夢をかなえる就職実績―

平成30年度の幼稚園・保育園のへの就職状況 幼稚園への就職39名、保育士の就職63名

本学の発達支援センターとの連携

発達支援センターは、「保育・教育支援部」と「発達臨床支援部」で子どもの発達に関する基礎的・臨床的研究と支援を行っています。学生の皆さんもボランティアで動作法、対人交流支援グループでの支援活動に携わることができます。また、公開講座に参加すると、より専門的な学びを深める機会になります。

動作法訓練会

本学発達支援センターで行われている「動作法訓練会」に通年でボランティア参加することができます。発達に気がかりのあるお子さんやその保護者の方、肢体不自由のある成人の方々と実際に関わりを持ちながら、支援者としての実践力を身につけることができます。

教育委員会との連携事業

福岡県教育委員会主催「ふくおか教員養成セミナー」

2011年度から福岡県教育委員会が主催しています。本大学も県教育委員会と協定を締結し、毎年60人余りの学生が参加しています。福岡県の実践経験豊富な教員による模擬授業や講話、現職教員との交流で実践力を強化し、教職への意識付けを高める機会となっています。

福岡市教育委員会主催「学生サポーター制度」

2004年度に福岡市教育委員会と学生サポーター派遣に関する協定を締結し、毎年150人余りの学生が参加しています。授業に支障のない範囲で、近隣の小学校や幼稚園、特別支援学校等にサポーターとして出向き、学校等や子どもの実態から教育課題を把握し、大学の学修に生かす機会となっています。
学生サポーターは、福岡県内の小学校や特別支援学校等からの要請にも応え、学校支援ボランティアとして積極的に参加・協力し、貴重な体験の場となっています。

児童教育燦倫会

1996年度に発足し、本学卒業生、大学教職員、会の趣旨に賛同する者(含む学生等)で構成し、ネットワーク作りや教育者としての資質向上を目指した取り組みをしています。教職を目指す学生にとっては、現職教員との意見交換の中で学校現場の現状と課題、具体的な実践例を学び、繋がりを作る貴重な機会となっています。年に一度、定期総会を開催し、その後に教育委員会や教育事務所、担当学年を考慮して小グループを編成し、そこに学生たちが参加するワークショップ型の交流会も実施しています。全会員で中村魂を確認する機会ともなっています。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示