キャリア開発学科

3つのポリシー

教育目標
児童幼児教育学科は、建学の精神を体現した人間性豊かな教員や保育士を養成することを目標としています。具体的には、乳幼児と児童の教育ならびに保育に関する高度な専門性と実践力を備え、教育や保育の分野で熱意と使命感をもって活躍できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本学科は、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校までに学習した教科すべてにわたって基礎学力を備えている人
  • 2.教育や保育を通して社会に貢献していくという目的意識を持っている人
  • 3.学ぶ意欲が高く、何事にも主体的に取り組む態度を備えている人
  • 4.資料や文献を読解・分析し、結論を導く論理的思考力と表現力を備えている人
  • 5.対話と協働の精神と態度を備えている人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学科は、「教員や保育士としての確かな力」「理論と実際を統合する力」「創造的に問題を解決する力」という三つの力の育成を柱とするカリキュラムを編成しています。そして、大学での講義や演習、園や学校での実習を通して、その三つの力を体系的に学修していきます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科は、子供の発達、教育・保育の原理、制度・政策に関する専門的知識、教育課程や指導法に関する知識と技能、また社会人基礎力などの資質・能力を備え、子供愛にあふれ、教育や保育を通して社会の発展に寄与するという熱意と使命感をもった人に学士(教育学)の学位を授与します。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示