栄養科学部 フード・マネジメント学科

3つのポリシー

教育目標
フード・マネジメント学科は、栄養科学の知識・技術を基盤とし、食品の研究・開発・製造に関する食科学をグローバルな視点から国内外のビジネスへつなげる高度な専門性と実践力を備え、食産業で活躍できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本学科は、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校卒業レベルの教養、語学力、基礎的な科学的知識を有している人
  • 2.知的好奇心が旺盛で、食とビジネスに興味を持ち、将来食産業で活躍したい人
  • 3.他者の気持ちを理解し、寄り添える人間性豊かで倫理観のある人
  • 4.労を惜しまず知識・技術の修得に積極的な人
  • 5.基本的なコミュニケーション能力を身につけており、常に向上心を持ちリーダーシップを発揮できる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学科は、「栄養科学・食科学」「食品流通・食ビジネス」「コミュニケーション・マネジメント」などの共通教育科目、専門教育科目、その他の必要とする科目を、講義、演習、実験、実習を適切に組み合わせた授業を通じて体系的に学修していきます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科は、栄養科学、食科学、食文化に関する専門知識と技能、コミュニケーションやビジネスに関する知識と合わせ、社会人基礎力などの資質・能力を備え、食産業を中心に社会の発展に貢献するという熱意と志をもった人に学士(栄養科学)の学位を授与します。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示