栄養科学部 栄養科学科

3つのポリシー

教育目標
栄養科学科は、対象者の健康維持・増進、疾病発症と重症化予防および生活の質の向上等に寄与できる管理栄養士の養成を目標としています。特に対象者に応じた適切な栄養状態・食生活の実現に向けた支援ができるよう、科学的なものの見方・考え方ができ、社会に貢献できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本学科は、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校卒業レベルの教養、語学力ならびに基礎的な科学的知識を有している人
  • 2.食・栄養・教育の分野で社会に貢献したい人
  • 3.知的好奇心が旺盛で、調理に興味を持ち、食のスペシャリストとして活躍したい人
  • 4.他者の気持ちを理解し、人間性が豊かで倫理観のある人
  • 5.労を惜しまず知識・技術の修得に積極的な人
  • 6.コミュニケーション能力があり、常に向上心を持ちリーダーシップを発揮できる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学科は、『一般教育科目』『基礎教科』『専門教科』と、これらを統合した「総合演習」「臨地実習」からなる専門教育科目を、学年を追って系統的に学べるようにカリキュラムを配置しています。さらに、導入教育、調理や食品の開発の技術教育、および様々な臨床場面を想定した独自のプログラムを位置づけ、実践的に学修します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科は、保健、医療、福祉、介護および教育の領域で、食生活の改善・健康増進・疾病予防の担い手として、栄養学の専門的知識と技術力、また、コミュニケーション能力と実践的指導力を備え、専門職としての倫理観と使命感を基に、高い志を持って社会に貢献できる人に学士(栄養科学)の学位を授与します。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示