学園祖中村ハル先生

学園祖中村ハル先生の生涯

年表

西暦(和暦)満年齢事項
1884年(明治17年) - 6月1日 福岡県早良郡西新町(現在福岡市早良区西新)の農業中村徳右衛門、サト夫婦の次女として生まれる
1888年(明治21年) 4歳 遊んでいる時股関節脱臼
1890年(明治23年) 5歳 兄の監視役として一年早く尋常小学校に入学
1891年(明治24年) 7歳 母他界 続いて祖母も他界
1894年(明治27年) 9歳 3月 小学校を優等で卒業。来賓の前で「孝心なる猿の話」と題して講演
4月 高等小学校に進学
1898年(明治31年) 13歳 3月 西新尋常高等小学校を首席で卒業
4月 師範学校付属補習科に入学
1899年(明治32年) 14歳 4月 村長の勧めにより師範学校入学
1902年(明治35年) 17歳 3月 県立師範学校卒業
4月 福岡県鞍手郡直方小学校訓導
1905年(明治38年) 21歳 9月 福岡県早良郡草ケ江高等小学校に転任
1907年(明治40年) 22歳 3月 福岡県師範学校付属小学校訓導
1909年(明治42年) 25歳 12月24日 弟関次郎病に倒る
1910年(明治43年) 26歳 6月 福岡県早良郡田隈小学校訓導
1914年(大正3年) 29歳 1月 福岡県早良郡有田高等小学校訓導
1920年(大正9年) 35歳 1月 福岡県三井郡松崎実業女学校教諭(家庭科主任)
1921年(大正10年) 36歳 4月 弟関次郎沖縄で他界 横浜市岡野尋常高等小学校家庭科訓導
1922年(大正11年) 38歳 9月 父病没
1923年(大正12年) 39歳 9月 横浜で関東大震災に遭う
1925年(大正14年) 40歳 4月 神戸市兵庫尋常高等小学校訓導
1926年(大正15年) 41歳 神戸市明親女子高等小学校訓導
1929年(昭和4年) 45歳 10月 兵庫県視学委員拝命
1930年(昭和5年) 45歳 4月 郷里福岡に帰り九州高等女学校に赴任
1932年(昭和7年) 48歳 著書出版「郷土に立脚したる家事科の施設及指導の実際」
1933年(昭和8年) 49歳 11月 教育功労賞を受く
1940年(昭和15年) 56歳 11月 文部大臣賞を受く
1948年(昭和23年) 64歳 10月 九州高等女学校退職願提出
1949年(昭和24年) 64歳 4月 中村割烹女学院開校 院長に就任
1951年(昭和26年) 67歳 福岡市地行西町に割烹女学院新校舎完成9月に移転
1953年(昭和28年) 69歳 12月 学校法人中村学園設立 理事長に就任
1954年(昭和29年) 69歳 4月 福岡高等栄養学校開校 同校長に就任
1957年(昭和32年) 72歳 4月 中村栄養短期大学開学 学長に就任
1959年(昭和34年) 75歳 6月 全九州料理学校協会創立 会長に就任
1960年(昭和35年) 75歳 4月 中村学園女子高等学校開校 校長に就任
76歳  11月 私学功労者として福岡県知事より表彰
1961年(昭和36年) 76歳 4月 福岡県日の丸会副会長に就任
1963年(昭和38年) 79歳 11月 藍綬褒章受章
1965年(昭和40年) 80歳 4月 中村学園大学開学 学長に就任
全国料理学校協会副会長に就任
81歳 11月 勲三等瑞宝章受章
1967年(昭和42年) 82歳 4月 中村学園大学付属あさひ幼稚園開園 園長に就任
1968年(昭和43年) 84歳     全国料理学校協会 会長に就任
1971年(昭和46年) 86歳 5月 米寿祝賀会が開催される
87歳 9月2日 87歳の生涯を閉じる
従四位勲三等宝冠章追叙