お知らせ

園長のささやき

タイヤの氷

2018/01/11

新しい年になりました。今年もよろしくお願いします。

このところ、最高気温が3度前後と、かなり寒い日が続いています。
道路の積雪や凍結のために幼稚園のバスが運行できないという
事態にならないよう、毎晩、就寝前に祈っています。

今日の午後の好きな遊びの時間、年長の女の子が職員室の前で
私の所に来て、「手が冷た~い」と言って、手を差し出しました。
その子の手を握ると、濡れて冷えていました。

「どうしたの?」と尋ねると、「タイヤの氷を触ってた!」と
教えてくれました。「ん?」と思いましたが、すぐに、園庭の
タイヤの内側にたまっていた水が、この寒さで凍っていたことと、
それを見つけて、触っていたということが分かりました。


(幼稚園の臨時駐車場の水たまりも凍っていました。)

その子の手をしっかり握って、温かくしてあげた……かった
のですが、ちょうど外出直前だった私は、ぎゅっと手を握った後、
タオルでしっかり拭くように伝えました。子どもの好奇心と、
元気の良さには、いつも感心させられます。

そうそう、皆さんは子どもの頃、寒い冬の夜に、氷を作って
遊んでいましたか? 私は小学生の頃、お豆腐が入っていた容器に
水をはって、寝る前に外に出していました。翌朝には、氷に
なっていて、それを蹴りながら登校していました。

 
ページの先頭へ