図書館

メッセージ

館長メッセージ

大学図書館は、大学における学生の学習や大学が行う高等教育及び学術研究活動全般を支える重要な学術情報基盤の役割を有しており、大学の教育研究にとって不可欠な中核を成す総合的な機能を担う機関の一つと位置付けられます(2010年12月 科学技術・学術審議会)。電子化の進展や学術情報流通の変化、大学を巡る環境変化にともない、大学図書館に求められる機能・役割は大きく変化しています。具体的には、第一に、学生の学習支援及び情報リテラシー教育への主体的取り組み、第二に、研究活動支援及び機関リポジトリによる知の生産への貢献、第三に、学術図書等のコレクション構築と適切なナビゲーション、第四に、他機関等との連携並びに国際対応、となります。

本学図書館においても、果たすべき役割・機能の変化を踏まえ、大学における学術情報基盤としての役割の遂行を目指しています。2016年4月からは図書館業務の一部を外部委託することにより、図書館の利便性の向上につとめてきました。今後も、情報リテラシー教育、研究活動支援、学術図書等のコレクション構築に主眼をおき、「より親しまれる」図書館を目指して、その充実に取り組んでまいります。

図書館長

津田 博子

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示