本学の取り組み

大学の特長

本学は、学校法人中村学園を母体とし、1957年開設の中村栄養短期大学を経て、1965年に家政学部を擁する中村学園大学として開設しました。開学以来、建学の精神に則り、人間教育、社会性教育、教養教育、専門教育を有機的に連携させ、「学生満足度」の高い教育に努めています。

キャンパスライフ

学園マナー

「建学の精神」の一つである『形は心の現れである』を具現化することに努めており、マナーの重要性を理解し、主体的に実践できる学生の育成に取り組んでいます。

食育推進

国内でトップクラスの管理栄養士・栄養士養成施設である本学は、食育推進に努めています。学生食堂「食育館」は、健全で豊かな食生活を送るために必要な「食事の自己管理能力」を養う食育推進の場で、地域の方々にも利用されています。

学生支援

学生の情緒豊かな人格形成を支援する指導主任制度や、専任教員が授業内容の質問や相談に応じるオフィス・アワー制度を設けています。また、学生生活やカリキュラム、就職に関する部署など学生と接する機会が多い事務局をワンフロアにまとめ「学生支援センター」として各部署が連携しながら学生サービスの向上に努めています。

学修支援システムポータルサイト(N-portal)

キャンパスライフの支援の一つとして学生向けポータルサイトがあります。スケジュール、休講・補講情報をはじめ、成績発表や求人情報、学修支援など学生に必要な情報を把握することができます。また、平成27年度よりリニューアルし、スマートフォンにも対応しています。

スチューデントジョブ

大学内のさまざまな活動で、学生が行える業務を「有償ボランティア」として在学生に斡旋する修学支援制度を設けています。就業体験に基づく人材育成を目的としており、社会人としてのマナーや常識が身につくほか学部・学科を超えた学生交流が生まれています。

セミナーハウスほくさん

佐賀県北山湖を望む自然豊かな環境に、研修、合宿、課外活動などに利用できる宿泊・研修施設を保有しています。体育館、研修室、ミーティングルームなど様ざまな設備を備えており、周辺には温泉やレジャースポットもあります。

教育・研究 

基本方針

建学の精神を根幹とし、本学に課せられた社会的使命を達成するため、「選ばれ続ける学校」としての存続を図り、「西日本」におけるナンバーワンの評価を受けるべく努力を続けています。

プレカレッジ(初年次教育)

入学試験合格から入学するまでの期間、オリエンテーションや事前課題、在学生との交流を実施し、勉学に対するモチベーションの維持と大学生活への円滑な接続を目指しています。

Webシラバス

1年間の学修計画を立てるとき、日々の予習・復習、期末試験対策などいつでも利用できるWebシラバスは、履修の心構えをはじめとする授業科目に関する目標やテーマ、授業計画、評価方法など多くの情報が詰まっています。

授業についてのアンケート実施

授業の改善と学生の学修の振り返りを目的として授業についてのアンケートを実施しています。アンケートは全学部・学科を対象に行い、集計結果は年度別に公表しています。

ラーニングサポートセンター

リメディアル教育の進展に資することを目的として、平成25年4月に設置しました。
「高校で学習した内容が不十分」「授業についていけない」など、学生一人ひとりの不安や悩みを解消し、学習を支援しています。 

就職支援

学生一人ひとりの希望職種別に担当者を配置し、適性やキャリアなど多様な角度から万全の体制で学生の皆さんをサポートしています。

学習環境

学生の主体的学習を支援するため、充実した教育環境の整備に努めています。

研究施設

大学の社会的使命のひとつである「研究」にも積極的に取り組んでいます。研究活動の活性化を図り、高度な学術研究を推進するため、多様な研究施設を備えています。 

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示