学生サポート

奨学金

奨学金とは、家庭事情や経済的理由により進学や修学に支障をきたすことなく、意欲的に学業に専念できるよう経済的、精神的に支援していく制度です。奨学金を貸与あるいは給付して学資の負担を軽減し、勉学に専念できるよう援助することを目的としています。

日本学生支援機構奨学金

国が行っている育英奨学事業の奨学金制度です。奨学生になると、毎年度一定の学業成績をおさめ、継続手続を行うことにより、最短修業年限まで奨学金の貸与を受けることができます。奨学金は卒業後割賦方式で返還していきます。本学で、最も貸与者が多い奨学金制度です。

日本学生支援機構の詳細はこちら

奨学金種別

  第一種 第二種
対象 全学年(学年指定の場合有) 全学年(学年指定の場合有)
申込資格 人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な者 人物・学業ともに優れ、経済的理由により困難な者
利子 無利子 有利子
(※在学期間中は、無利子)
月額   下記より該当区分を選択 下記より選択
大学生 自宅生:3万円、5万4千円
自宅外生:3万円、6万4千円
3万円・5万円・8万円・
10万円・12万円
短大生 自宅生:3万円、5万3千円
自宅外生:3万円、6万円
貸与始期 1年生 4月分から 4月分~9月分から選択
2年生以上 4月分から
選考基準(1)
学力
1年生 高校または専修学校高等課程
2・3年生の成績が3.5以上
出身学校または、在籍する学校における成績が平均水準以上とみとめられるもの
2年生以上 所属学部・学科の上位1/3位内
選考基準(2)
家計
家計支持者(父母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者)の年収・所得金額から規程で定められた特別控除額(家族構成・家庭事情等により異なる)を差し引いた金額が、定められた収入基準額以下であることが必要。詳しくは日本学生支援機構ホームページを参照のこと。
募集申請時期 定期採用:4月
緊急採用:家計急変発生時
定期採用:4月
応急採用:家計急変発生時
定期採用交付スケジュール 【4月~5月】新規募集受付
  ↓↓
【5月~6月】選考・推薦
  ↓↓
【 7月】採用(奨学金初回振込み)

推薦者発表:6月下旬に掲示板にてお知らせします/採用者決定:7月11日に奨学金初回交付

採用区分(奨学生募集時期)

定期採用(第一種)(第二種)

毎年4月に募集を行います。募集説明会を開催しますので、希望者は、必ず参加してください。

緊急採用(第一種)・応急採用(第二種)

家計支持者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡、火災・風水害等による家計急変時により、奨学金が必要となった場合、随時申込可能です。事由が発生した場合、まずは、生活支援課へ相談してください。

予約採用 (高校3年次 予約採用候補者対象)

高校在学時に奨学生候補者に決定している1年生は、入学後の説明会に参加してください。

採用状況(平成27年10月1日時点)

予約採用

高校在学時に日本学生支援機構奨学生として内定している予約採用者数は年々増加傾向にあります。

大 学
年次 種別 採用者
1年次 第一種 101名
第二種 173名
第一種・第二種併用 31名
短期大学部
年次 種別 採用者
1年次 第一種 121名
第二種 126名
第一種・第二種併用 27名
入学後の新規採用者

入学後の4月に募集がある定期採用では、特に1年次生の採用率がたいへん高く、第二種を希望した場合
大学、短期大学部共に100%が採用となっています。定期採用の他には、追加採用や臨時採用、家計の急変に対応する緊急・応急採用などがあります。

大 学
年次 種別 採用者 採用率※
1年次 第一種 31名 77.5%
第二種 20名 95.2%
2年次
以上
第一種 6名 20.7%
第二種 33名 100.0%
短期大学部
年次 種別 採用者 採用率※
1年次 第一種 10名 83.3%
第二種 11名 91.7%
2年次 第一種 0名
第二種 3名 100.0%

※採用率は定期採用者数/申込者数

学内奨学制度

後援会奨学金
対象 人物・成績ともに良好であり、家庭の経済的事情が急変し学業の継続が困難となったもの
種別 貸与
内容 他の奨学金をうけていない者は、前学期または、後学期納付金の全額として貸与します。他の奨学金を受けている者は、前学期または、後学期納付金の半額を限度として貸与します。※貸与決定には、選考があります
備考 家計急変時の場合、まずは、生活支援課へ相談してください
大学同窓会奨学金
対象 中村学園大学に在籍する学生及び学内の団体のうち、大学同窓会が認定した学業成績を収めた者、または大学同窓会が認定した各大会等で優秀な成績を収めた個人または団体
(※短期大学部生、大学院生は対象外)
種別 給付
内容 次のとおり2種類の奨学金があります。
(1) リーダー的人材育成のための勉学奨励の目的に基づく奨学金
選考基準 給付金額
次の項目を全て満たし、中村学園大学学長が推薦する者とする。
(1)大学4年次に在籍し、3年次までの総合GPAが上位25%以内の者
(2)翌年度4月に中村学園大学大学院に進学予定の者
なお、選定は原則として各学部1名、合計3名とする。
1人につき
200,000円
(2) リーダー的人材育成のためのスポーツ・文化活動の向上の目的に基づく奨学金
評価 選考基準(活動成績等) 給付金額
A (1) オリンピック出場
(2) 世界大会出場(スポーツ・文化)
1人・1団体につき
300,000円
B (1) インカレ優勝
(2) 国体優勝
(3) 文化活動における全国的な大会での優勝、およびそれに匹敵する表彰
1人・1団体につき
200,000円
C

(1) インカレ準優勝
(2) 国体準優勝
(3) 文化活動における全国的な大会での準優勝、およびそれに匹敵する表彰
(4) ボランティア活動において特に顕著な評価を得たもの
(5) その他の活動において特に顕著な評価を得たもの

1人・1団体につき
150,000円
D

(1) スポーツ、文化、ボランティア等において優れた取組があり、さらなる発展が期待されるもの
(2) 地域貢献や地域連携を目的とした学習活動において優れた取組があり、さらなる発展が期待されるもの

1人につき
50,000円
1団体につき
100,000円
注1)各評価(A~D)とも、いずれかの項目を満たす個人または団体とする。
注2)上記の活動成績等は、個人または学内の団体で参加したものとする。ただし、評価Dにおいては、学外の団体に所属し参加したものも含める。(※この場合の給付金額は、1人当りの金額とする。)
備考 募集要項等詳細については、生活支援課へお問い合わせください
短期大学部同窓会奨学金
対象 中村学園大学短期大学部に在学する学生のうち、学業・人物ともに優秀な学生
種別 給付(100,000円)
概ね10人以内
出願
資格
向学心が強く、中村学園大学短期大学部同窓会の目的・活動に賛同する者
備考 出願書類は生活支援課にありますので、申請希望者は書類を受取にきてください
卒業生子女奨学金
対象 祖父母・父母で二世代以上(※)連続して下記の学校を卒業した者の子女で、本学に在学中の学生・生徒
【※例】
祖母…福岡高等栄養学校卒業
母…中村学園短期大学卒業
子…中村学園女子高等学校在学中
種別 給付(年額240,000円)
内容

対象校は下記となります。

福岡高等栄養学校(昭和29年4月開校)
中村栄養短期大学(昭和32年4月開校)
中村学園短期大学(昭和42年4月~)
中村学園大学短期大学部(平成10年4月~)
中村学園大学(昭和40年4月開校)
中村学園大学大学院(平成2年4月開設)
中村学園女子高等学校(昭和35年4月開校)
中村学園女子中学校(平成4年4月開校)
中村学園三陽高等学校(昭和61年4月開校)
中村学園三陽中学校(昭和63年4月開校)

備考 各学校の修業年限を支給期間とします。詳細は生活支援課へお問い合わせください。
特別給付奨学金
対象 本学大学・短期大学部に在籍する学生のうち、生計を維持する者の家計が急変し、経済的理由のため修学が困難となった者
種別 給付(授業料の半額相当)
内容

・生計を維持する者の失職、破産、事故、病気、死亡、災害等により家計が急変したことを証明できること
・原則として、申請時における総合GPAが下位20%以下に該当せず、且つ、原級留置が確定していないこと
・学則による懲戒処分を受けていないこと   等

備考 募集要項等詳細については、生活支援課へお問い合わせください

地方公共団体・各種団体奨学金

地方公共団体及び各種団体でも、奨学生を募集しています。奨学金情報は掲示でお知らせしていますので、掲示板を必ず確認してください。大学を通さずに募集を行う奨学金もありますので、掲示板に情報がない場合は、直接団体に問い合わせてください。以下には、本学学生の採用実績がある奨学金の一部を掲載しています。参考にしてください。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示