• ホーム
  • TOPICS
  • 日本料理 特別講演並びに料理示範~株式会社孝明 中村孝明迎賓館料理長 中村孝明 先生~

TOPICS

2017.01.18ニュース

日本料理 特別講演並びに料理示範~株式会社孝明 中村孝明迎賓館料理長 中村孝明 先生~

写真
 
写真
 
写真
 
写真
 
平成29年1月17日(火)、日本料理特別講演並びに料理示範が行われました。この講義は、料理界の第一人者をお招きして高度な調理技術や料理人の知識に触れることで、食に携わる者としての豊かな感性を育むことを目的としており、毎年大学栄養科学部1年生と短期大学部食物栄養学科1年生を対象に年に2回企画されています。

昨年末に開催された、謝華顕先生(聘珍樓 前顧問・調理総示範)による第1回目の講演に続き、2回目となる今回は、下記の内容で開催されました。
日 程 平成29年1月17日(火)
場 所 中村学園大学7号館7504教室
講 師 株式会社孝明 中村孝明迎賓館料理長 中村 孝明 先生
テーマ 初春の一汁三菜
献 立 1.御椀物 「清汁仕立て」
2.御造里 「祝鯛へぎ造里」
3.御蓋物 「丸大根田舎煮」
4.御家喜物「伊勢海老のチーズ味噌掛け」
5.御食事 「柚子御飯」
6.香の物 「二種盛り」
今回は、和食の中村孝明先生を講師にお招きし、「初春の一汁三菜」をテーマに講演並びに師範をいただきました。中村先生は、旅館やホテルで修行を重ねられた後、「日本料理 なだ万」に入社、国内20店舗の統括料理長を務められ、1996年、当時の人気番組「料理の鉄人」において和の鉄人として活躍されました。現在は創作和食レストランを数店舗経営し、現在も料理人として独創的な世界を深めていらっしゃいます。今回は、「初春の一汁三菜」というテーマでご講演並びに師範をいただきました。
料理師範では、伊勢海老、鈴菜、丸大根、糸花かつお等、普段はあまり使わない食材や調味料を使用し、和食の基本からプロの技術までご披露くださいました。受講生はひとつひとつの解説を聞き入り、間近で見るプロの師範に感銘を受けていました。

この講義は、三成教授(栄養科学部)をはじめ、本学の調理部門の教員が、管理栄養士・栄養士を目指す学生の調理技術の向上、調理への関心高揚、豊かな感性の育成を目指し、プロの心構えや技術に接する機会を作るため、準備・開催に力を注がれています。最後に、吉岡慶子名誉教授より、「和食がユネスコのユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、世界中から和食への関心が高まっています。和食の第一人者である中村孝明先生から、技術だけでなく、料理人の心意気やホスピタリティの精神も学びました。何かを感じ取って、学生生活や仕事に活かしてほしい。」と挨拶されました。「食のナカムラ」ならではの、実り多き時間となりました。
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示