• ホーム
  • TOPICS
  • 第4回食育講座開催報告 「食事の役割と栄養バランス」

TOPICS

2017.03.22イベント開催報告

第4回食育講座開催報告 「食事の役割と栄養バランス」

 平成29年3月18日(土)、本学7号館7501教室にて第4回食育講座が開催されました。この講座は、地域コミュニティとの連携を深めるため、本学学生食堂「食育館」が開催しているものです。今年度は「学生と学ぶ~からだの不思議と健康~」をテーマに、地域住民と学生がともにからだと食に関する基礎を学び、講義後は「食育館」にて「一汁三菜」のランチを楽しみながら、「共食」を通じて交流を深めることを目指しています。本年度最終回となる今回は、「食事の役割と栄養バランス」をテーマに、短期大学部食物 栄養学科 准教授 内田和宏先生による講義が行われました。
 はじめに、「平成27年国民健康・栄養調査結果」を用いて、生活習慣病は40代を境に増えていくことが説明されました。ただし、食生活を改善することで高血圧や糖尿病、認知症発症の予防に繋がり、毎日の食事の積み重ねが健康を左右すると述べられました。
 次に、一汁三菜・食事バランスガイドについて説明されました。一汁三菜の基本形は、主食・主菜・副菜・副々菜・汁物であり、日本の伝統的な食事パターンは、地産地消を基本としていましたが、戦後外国から様々なものが入ってきたため、おかずが多様化しました。主菜は1食あたり1種類を基本にし、副菜は主にビタミン・ミネラルの供給源となるもので、積極的に摂取してほしいと述べられました。併せて、実際に献立例を紹介しながら一汁三菜の応用形も説明され、参加者の理解が深まりました。
 最後に「一汁三菜の実践や減塩を心がけるなど、毎日の食事の積み重ねを大切にしましょう」と述べられ、講義が終了しました。
 講義終了後は食育館へと移動し、昼食の「一汁三菜」をいただきながら参加された方々と学生、教員が有意義な交流の時間を過ごしました。
栄養科学科2年 佐々木 梨乃(スチューデントジョブスタッフ)
写真
 
写真
 
写真
 
 
 
 
 
 
 
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示