• ホーム
  • TOPICS
  • 第26回アジア栄養科学ワークショップ「腸内細菌と健康」

TOPICS

2018.01.22ニュース

第26回アジア栄養科学ワークショップ「腸内細菌と健康」

写真

平成30年1月20日(土)、本学1号館10階大講義室にて第26回アジア栄養科学ワークショップが開催されました。このワークショップは、毎年栄養科学研究科主催にて大学院生をはじめ、学部生、教職員、学外研究者、市民等を対象に企画され、アジアにおける食と栄養の現状について最先端の研究成果の発表や討論が行われています。
今回は、近年医学や栄養学の分野において注目されている「腸内細菌と健康」をテーマに、シンガポールを含む学外の研究者3名を招聘し、最新の研究結果が発表されました。各研究者から、腸内細菌が健康に重要な影響を与えること、食物繊維の摂取量が腸内環境に影響すること、各国の食文化が腸内細菌叢のタイプに関連することなどが提示され、腸内環境の改善による肥満解消や免疫力アップなど、健康医学への展開に期待が寄せられました。


【プログラム】
開会の辞                               中村学園大学 学長 甲斐 諭
(座 長)中村学園大学大学院栄養科学研究科 教授 三成 由美
講演1「日本人の腸内細菌と健康」
中村学園大学薬膳科学研究所 所長・教授 徳井 教孝
講演2「食と腸内フローラから考える健康科学の最前線」
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
ワクチンマテリアルプロジェクト&腸内環境システムプロジェクトリーダー 國澤 純


(座 長)中村学園大学大学院栄養科学研究科 教授 内山 文昭
講演3「アジア人の腸内細菌叢の実態調査」
九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門システム生物工学講座
微生物工学分野 准教授 中山 二郎
講演4「Diversity in gut bacterial community of school-age children in Asia.」
Department of Microbiology,National University of Singapore  Yuan-Kun Lee
閉会の辞                      中村学園大学大学院栄養科学研究科長 津田 博子
写真
中村学園大学 学長 甲斐 諭
写真
中村学園大学薬膳科学研究所
所長・教授 徳井 教孝氏
写真
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
國澤 純氏
写真
九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門
准教授 中山 二郎
写真
Department of Microbiology,National University of Singapore
Yuan-Kun Lee
写真
中村学園大学大学院栄養科学研究科長
津田 博子氏
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示