• ホーム
  • TOPICS
  • 中村学園大学 流通科学研究所 第9回国際セミナーのご案内

TOPICS

2014.06.23ニュース

中村学園大学 流通科学研究所 第9回国際セミナーのご案内

中村学園大学 流通科学研究所 第9回国際セミナーのご案内
~九州初の TPPメンバー国のコメと畜産についての同時勉強会~
~彼を知り己を知れば百戦して殆うからず~

 
                                                          中村学園大学 学長 甲 斐 諭

1.TPP次第で九州の農業は深刻な打撃を受けるでしょう。TPPメンバー国のコメと畜産物の需給動向および貿易構造などを
  知る必要があります。
 
2.九州はコメの産地ですので、世界第2位(全輸出量の約20%)のコメの輸出国であるベトナムの動向が気になります。
  そこで、
 
 (1)ベトナムのハノイ農業大学のクオン教授を招聘し、ベトナムのコメの生産・流通・貿易の構造について報告して
    もらいます。
 (2)同教授は九州大学にも短期間留学していたコメの専門家で、知日家です。
 
3.九州は日本を代表的する牛肉と豚肉の大産地です。アメリカの強固な主張の背景を知る必要があります。そこで、
 
 (1)本学のアメリカ人教員のマキネス先生に、アメリカの牛肉と豚肉の生産・流通・貿易の構造について報告してもらいます。
 (2)加えて、アメリカ、豪州、NZ、カナダなどのTPPメンバー国の畜産現場の調査を重ねてきた甲斐がマキネス先生の
    報告を補足します。
 
4.更なる国際化の進展で、私達の食料と日本の農業はどうなるのか心配です。そこで、
 
 (1)東京大学大学院農学生命科学研究科の中嶋康博教授を招聘して、国際化に伴うフードシステムの変化について報告して
    もらいます。
 (2)同教授は、農林水産省食料・農業・農村政策審議会の企画部会部会長の重責を担っておられる我が国屈指の農政学者です。
 
5.国際セミナーは、来月7月19日(土)13:00から中村学園大学2号館4階で、開催します。17:30からの懇親会
 (無料)で、演者と意見交換できます。

  ○セミナーに関するお問合せ先
    流通科学研究所 谷口・甲斐
    TEL(直通) 092-851-6729 / FAX 092-851-2632
    E-mail:nakamace@nakamura-u.ac.jp

  ○取材に関するお問合せ先    
    中村学園大学 学事課 國



)

    TEL(直通) 092-851-2594 / FAX 092-841-7762
    E-mail:gakuji@nakamura-u.ac.jp

プレスリリース全文 
  


 
 
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示