栄養科学研究科

研究科の特徴

概要

栄養科学の未来を開く屈指の高度専門教育機関

本研究科は、前期課程(2年)と後期課程(3年)からなる区分制の博士課程となっています。「食」と生命科学、医学、薬学、農学などが有機的・総合的に連携した栄養科学の高度専門教育機関として、前期課程では、実行力ある実践的な栄養科学専門家の育成、後期課程では、栄養科学領域の高度な知識と技術を有し自立して研究活動を行える研究者ならびに実践者の育成を目指しています。

前期課程は、機能栄養科学、健康・病態栄養科学、食品科学の各専門分野において、食を通じて人々の健康増進に貢献することができる高度専門職業人、研究者

並びに教育指導者の育成を目的としています。後期課程は、機能栄養学、健康病態栄養科学、食品科学の各専門分野において、広く社会に貢献できる自立した研究者並びに栄養科学実践者の育成を目的としています。

学生はそれぞれの専門分野の研究を進めながら、各学会で研究成果を積極的に発表し、論文を作成します。また、学外での実体験を深めるため、地域社会との交流にも努めます。修了後は、大学・高校、病院、保健所、企業等で、栄養科学専門家・研究者として活躍しており、栄養科学領域の実践的専門家、研究者の養成に対する社会的ニーズに応えています。

栄養科学研究科 博士前期課程3部門と博士後期課程3学系

5つの特徴

1充実した教育・研究指導体制

本研究科の研究指導教員・研究指導補助教員のほとんどが本学栄養科学部教員を兼任し、栄養科学の教育と研究について優れた実績を有しており、体系的な教育課程による教育・研究指導を行います。さらに、毎年研究科として開催する「アジア栄養科学ワークショップ」、「特別講演会」、各学系が開催する「博士後期課程セミナー」を受講し、国内外の研究者による最先端の栄養科学研究に関する知識を修得できる機会を設けています。

2多様な栄養科学研究に対応した教育・研究環境

栄養生理・形態学、分子栄養学、食品機能学、環境栄養学などの教育・研究に必要な実験設備、機器等は十分に設置され、アニマルセンターも充実しています。
また、大学付置研究所の「健康増進センター」「薬膳科学研究所」、医療施設の「栄養クリニック」の活用によって、実践的な教育・研究を推進しています。
さらに、地下鉄七隈線沿線三大学連絡協議会による福岡大学、福岡歯科大学との連携、国際交流事業による外国人学生との交流などにより、教育・研究指導の充実を図っています。

3社会人の方に対する配慮

高度な専門知識や技術を修得するため前期課程への進学を希望する社会人のために、昼夜開講制を実施しています。授業科目は、夜間(6、7限=18:15〜21:25)および隔週土曜日(1〜4限= 9:00~16:20)に開講しますので、夜間および土曜日の通学だけでも修了が可能となっています。また、入試も通常の試験入試のほかに社会人特別入試を設けて、社会人の方が学びやすい環境を整備しています。

4取得可能な多彩な免許・資格

本研究科博士前期課程において取得できる免許状は、次のとおりです。

  • 栄養教諭専修免許
  • 高等学校教諭専修免許(家庭)
  • 中学校教諭専修免許(家庭)

※それぞれの一種免許状を有していることを条件とします。

5様々な経済支援

本学大学院奨学金制度のほか日本学生支援機構奨学金制度、留学生のための各種奨学金制度等、院生の経済的負担を軽減し、安心して学習を行えるように支援を行っています。

各種奨学金制度
  • 大学院独自の奨学金制度
  • 同窓会奨学金制度など
奨学金について
ティーチング・アシスタント、リサーチ・アシスタント

前期・後期課程在籍者を対象にティーチング・アシスタントとして採用し、学部の実験・実習等の教育的補助業務に従事させ、将来教員・研究者になるための学習機会を提供するとともに、修学上の支援を行っています。
後期課程在籍者を対象にリサーチ・アシスタントとして採用し、本学が行なう研究プロジェクト等に研究補助者として参画させ、研究遂行能力の育成を図るとともに、修学上の支援を行っています。

研究費補助制度

博士前期課程では、修士論文作成のための研究費が年額20万円付与されます。
博士後期課程においては、博士論文作成のための研究費28万円に加え、別途8万円の学会旅費が付与されます。

研究費について
一般教育訓練給付制度

一般教育訓練給付の講座指定を受けており、入学金・授業料の20%(上限10万円)が給付されます。

一般教育訓練給付について
長期履修制度

社会人や子育て中の方など、標準就業年限での修学が困難な方のための制度があります。

長期履修制度について
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示