栄養科学部 栄養科学科

メッセージ

主任メッセージ

栄養科学科は、専門職としての役割と責任を担う管理栄養士を養成する学科です。管理栄養士は、「栄養の指導」を必要とするすべての人々に、共通の職業倫理観と科学的エビデンスに基づく食と栄養の介入技術をもって人々の健康とQOLの向上のために尽くす専門職業人です。栄養の指導とは、個人や集団に対して栄養や食に関する専門的知識や技術を用いて、エネルギーや栄養素の摂取量、生体機能に影響を及ぼす食品成分の摂取、食事のタイミングや食事回数などの食べ方、あるいは栄養補給法などを調節して、対象者の栄養代謝や身体機能の調節過程に介入し制御することと言われています。この栄養の指導ができるように、本学科では助教以上15名の管理栄養士、5名の医師、薬剤師等の資格をもつ教員が教授しています。また、教職課程を受講することで、栄養教諭や家庭科教諭の資格も取ることができます。

本学科の特色は、医療施設である栄養クリニックでの早期臨床体験、栄養の指導見学実習や、客観的臨床能力試験(OSCE)、模擬患者実習などを行っていることです。

栄養科学部 栄養科学科

主任 今井 克己

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示