メディアセンター(情報処理センター)

学内情報処理施設紹介

メディアセンター(情報処理センター)パソコン室

1号館5階 演習パソコン室1

演習パソコン室1は、一般情報処理科目及び各専門分野における授業の実習を行うための施設です。学生用端末68台、高速レーザプリンタ5台(モノクロ4台、カラー1台)が設置されています。更に、教材提示装置やDVD・Blu-rayなどの画面を表示させるための中間モニタ(2人に1台)が設置されています。また、授業以外の空き時間は個人で利用する学生に開放しています。

1号館5階 オープンパソコン室

オープンパソコン室は、学生が卒論や授業の課題等の作成のために個人で情報処理を行うための施設で、センターの開館時間中は自由に利用する事ができます。学生用端末72台と高速レーザプリンタ5台(モノクロ4台、カラー1台)を設置しています。更に、オープンパソコン室には、専門のスタッフが待機しており、パソコンやプリンタのトラブル対応、利用相談、利用マナー指導などを行っています。

1号館6階 演習パソコン室2

演習パソコン室2は、情報処理科目や各専門科目の実習専用の施設で、学生用端末76台、高速レーザプリンタ3台(モノクロ2台、カラー1台)が設置されています。また、マルチメディア教材の作成に対応するため、CCDカメラやヘッドセットを設置しています。更に、実習形式の授業で利用し易いようにミーティングテーブルを備えており、効率良く授業が進行できるよう工夫されています。

1号館5階 マルチメディアパソコン室

マルチメディアパソコン室では、デジタル映像の作成・編集やメディア変換などが行える環境となっています。マルチメディア専用のハードウェアとソフトウェア環境を備えたパソコン2台、iMac1台、インクジェットプリンタ1台、大型ロール紙専用プリンタ1台、OMR(光学式マーク読取装置)1台、ドキュメントスキャナ1台が設置されています。

流通科学部 情報処理室

4号館7階 4703・4705・4706教室

4703教室は、主に授業を行うための施設で、4705・4706教室は授業及び、授業のない時間帯はオープン利用が可能な施設です。4703教室にはWindows10が動作する学生用端末90台、高速レーザプリンタ5台(モノクロ4台、カラー1台)が設置されており、全てのパソコンやプリンタが学内LANによりネットワークに接続されています。4705・4706教室にはそれぞれ、Windows10が動作する学生用端末40台、高速レーザプリンタ3台(モノクロ2台、カラー1台)が設置されています。
更に、教材提示装置やDVDなどの画面を表示させるための中間モニタ(2人に1台)や、マルチメディアに対応するためのヘッドセットが設置されています。

短期大学部 情報処理実習室

東2号館4階 402・403教室

402・403教室にはそれぞれ、Windows10が動作する学生用端末60台、高速レーザプリンタ3台(モノクロ2台、カラー1台)が設置されており、全てのパソコンやプリンタが学内LANによりネットワークに接続されています。
402・403教室には、教材提示装置やDVDなどの画面を表示させるための中間モニタ(2人に1台)や、マルチメディアに対応するためのヘッドセットが設置されています。

マシン室

マシン室には、各種サーバ類とネットワーク機器が設置されています。
ここのサーバは、電子メール、ホームページなどのインターネット・サービスや、グループウェア、ファイルサーバなどの学内サービスを提供しています。これらのサーバでは、より信頼性の高いブレードサーバを採用しています。「ブレード」と呼ばれる抜き差し可能な小型サーバを複数台搭載しており、従来のラックマウント型サーバと比べ、専有面積、電力効率において非常に優れています。
また、各「ブレード」内では仮想化技術(VMWare)によって複数のシステムが稼働しており、CPUやメモリといった資源の有効活用が可能です。(VMWareに関する説明はこちら。)
さらに、万が一故障が発生した場合においても予備の「ブレード」への切り替え運転を行うことで、より信頼性の高いシステムの24時間365日運転を支え続けています。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示