お知らせ

園長のささやき

雪と花の園

2018/02/10

今週の火曜日、2月6日は幼稚園でも雪が積もりました。

当日の朝、幼稚園バスを運行できるかどうか、そして、通常の
保育をすることができるかどうか、とても判断に迷いました。
いったんは1時間遅れでバスを運行するという判断をしましたが、
その後も降雪が続いたため、バスの運行を取りやめて自由登園に
しました。この判断の揺れにより、保護者の皆様にご迷惑を
おかけしました。

私はその間、幼稚園の周り、特に高台の住宅地をバスが通れるか
どうか、見に行きました。その途中で追突事故を見たり、チェーンを
まいた路線バスとすれ違い、園バスの運行が難しいと判断しました。

大人にとっては悩ましい雪も、子どもたちにとっては、空から
降ってくるご褒美です。幼稚園でも、久しぶりの積雪を楽しみました。

雪が解けたころ、園庭の梅に花が咲いていることを発見しました。



水仙(左上の白い花)も一緒に写したいと思い、梅の木を上から
撮影しました。寒さの中にも、春を見つけることができます。
年長の担任の先生によると、園児の一人が、梅の花の香りをかぎ、
「いいにおい」と表現したそうです。お花の香りを感じること、
大切な経験ですね。

そうそう、「いい香り」を形容詞で表すとどうなるでしょう。
「くさい」の反対語です。「くさくない」ではありません。

正解は、「香しい」です。え? 読めないですか? 「かぐわしい」
ですよ。

 
ページの先頭へ