お知らせ

園長のささやき

中庭の飛石

2018/05/21

壱岐幼稚園の中庭には、飛石があります。晴れた日に、子どもたちは
年少の園舎と、年長や年中の園舎を行き来するため、飛石を
ぴょんぴょん渡っていきます。



子どもたちの中には、飛石から踏み外して、土に足をつけてしまう
ことがありますが、何度か経験を積むうちに、上手になります。
この飛石を見て、大好きになって、入園を決めてくれたお子様も
いらっしゃいます。このような仕掛けを「楽しい!」と思って
もらえたこと、とても嬉しいです。

在園児にとっても、上靴を履いたまま、中庭という「外」に
出ることができるのは、魅力的なのでしょう。もちろん、園では
外に出るときに靴を履き替えるよう伝えていますが、この飛石は
特別です。

そうそう、この春休み、中庭のモミの木を伐採しました。上の写真の
左側にあった木です。大きくなりすぎて、うさぎぐみの日当たりが
悪くなっていました。これまで、多くの園児を見守ってきた木です。
来年の幼稚園創立40周年を記念し、実のなる木を植樹しようと
考えています。お楽しみに!


 
ページの先頭へ