お知らせ

園長のささやき

卒園式の朝

2019/03/16

先日、壱岐幼稚園の第39回卒園式を行いました。
55名の年長児が、元気よく、次のステージへ進んでいきました。
その卒園式の朝、園庭東側で杏のお花が、きれいに咲いていました。



私が園長となって、2回目の卒園式でした。
卒園式で、どんな話をしようかと、この2年間のことを思い出し
ました。普段、なかなか、園児と一緒に遊ぶ時間がとれないの
ですが、朝の玄関でのお迎えや、時々の帰りのバスに同乗する
ことで、子どもたちとふれあい、おしゃべりをしてきました。

子どもたちが園長室に入ってきて、木製のおもちゃで遊んで
くれたり、電子ピアノを弾いてくれたりもしました。
園長室のソファーを飛び跳ねたり、おもちゃの取り合いをしたり、
電子ピアノの音量を極端に上げたり、園長室の鍵を閉めたり、
「やってはいけないこと」をしたときには、注意をしました。

来客があれば、子どもたちの入室を断りました。また、
書類の作成や、論文の推敲で、静かな環境が欲しいときは、
子どもたちに静かに過ごすよう、伝えました。たいていの場合、
素直に受け入れてくれました。

そんな子どもたちも、卒園です。私たち教職員を残しての、
巣立ちです。子どもたちのちょっぴり寂しく、ちょっぴり誇らしい、
そんな姿を見送りました。とても楽しい時間を、ありがとう。

何かあったら、幼稚園の「よいこのうた」を口ずさんでごらん。
きっと、勇気がわいてくるよ。


 
ページの先頭へ