お知らせ

園長のささやき

はたけの穴

2019/03/19

卒園式が終わり、年長さんのいない幼稚園です。
もちろん、年中さんと年少さんは、元気よく過ごしています。



写真は、幼稚園の畑の畝です。大きな穴、小さな穴が
空いているのが分かりますか? 年中さんが植えて、
収穫した大根の穴です。立派な大根、人参のような
大きさ(!?)の大根など、大きさは様々でしたが、収穫の
喜び、調理して口にする喜びを感じたことと思います。

私の専門が「教育学」であり、とりわけ学校外の「社会
教育」を主に学んでいることもあり、子どもの「経験」に
興味があります。畑に大根を植え、育て、収穫し、それを口に
することで、子どもたちは食卓に上がる大根の由来を実感
することができます。

ある小学校で、同じように大根を育てていたそうです。
家庭科の調理実習で使うので、先生が「畑から大きな大根を取って
持ってきて」と、子どもたちに伝えました。子どもたちは、畑に
行き、大きな大根を数本、持ってきました。次の日、先生が畑を
見ると、残っていた大根の葉が、しおれていました。なぜでしょう…。

子どもたちは「大きな大根」と聞いたものですから、畑の
大根を全て引っこ抜き、並べて、大きなものを選び、残りを
元の穴に戻したとのことでした。

経験から学べることは、いっぱいありますね。


 
ページの先頭へ