園の生活

園の生活

ていねいな 生活づくり と 遊びづくり

乳幼児期に身につける様々な「生活」は、発達に応じた様々な心身の諸能力を発揮しながら一つひとつの活動を積み重ね、自分でできるようになり、生活の術として定着していきます。そのために、本園では愛情で包まれた応答をしながら、個々の発達や個性に応じて、順を踏んで身につけていくようにする「ていねいな生活づくり」を行っています。
また、それを基盤に子どもたちが「夢中になって遊ぶ環境づくり」を行います。

手先の活動

子どもの手は、日常生活や遊びを通して発達していきます。
私たちはその手の動きを発達・洗練させるために意図的に関わり生活や遊びの中で、子どもが手をどう使いたいか?を見通して環境を整えています。

たとえばこんなことをしています!

  • 指輪作り

  • コインおとし

  • 折る・畳む

ままごと

『ままごと』は、生活の模倣ができる遊びです。家で経験したこと、見たことが全て遊びにつながります。ままごとを通して、イメージに合った言葉や動作をしたり、友だちや保育士と言葉のやりとりをしながらイメージを共有し遊べるようになっています。

ままごとの様子

  • 今日は何を作ろうかな。

  • 遠足に来たよ!

  • ごはん食べようね~

役割あそび

子どもが体験したこと、見たことをイメージして身近な社会や大人をモデルに、様々な役になりきり模倣する遊びが『役割あそび』です。
仕事したり、料理を作ったり、買い物に行ったり、病院で受診したり、電車に乗ったりなどたくさんの憧れを持ち始めます。その憧れや意欲が役割あそびにつながっていきます。

アイスクリーム屋さんあそびをしました!

  • いらっしゃいませ

  • 赤ちゃんはここに座ってね。

造形あそび

「造形あそび」とは材料をもとにイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ事が出来る遊びです。
造形あそびを通して、素材に触れて新しい物を作り出していく発想力を育てたり、道具を使う技術を身につける事等に繋がっていきます。

こま大会を開きました!

  • 整理券を作ろう!

  • こまこま、回れ!
園の生活をもっと見る

中村学園大学付属 おひさま保育園

〒819-0006
福岡市西区姪浜駅南2-31-6

TEL092-894-3456

ページの先頭へ