園の生活

給食について

食育計画

「食事のいとなみ」づくり

食事づくり

選定から調理・配膳に至るまで、保健衛生・安全管理に、細心の注意と心配りをして実施しています。また、食材や調理の工夫、食器や提供方法の工夫を行うなど細やかに配慮を行います。

食の提供

子どもの発達段階に応じて、適切な状態で食事ができるよう、調理室段階と保育室段階との分担と連携を図っています。家庭とも連携し、食の内容や食事の取り方について成長が図れるよう取り組んでいます。

食事の実施体制

段階を踏んだ食習慣を確実に身につけるために、保育士の担当人数を、1対1から徐々に行うようにしています。併せて、場の構成や、クラス全体の活動時間の構成を工夫することで、個人に応じた適切な食事ができるようにしています。

食育カリキュラム

「食育カリキュラム」をたて、食事の時間を通して、発達段階に応じた「食の営み」を身につけたりマナーや感謝の気持ちを育むとともに、「食」の教育として、栽培活動をしたり調理体験をするなど、総合的に「食」を捉えています。

アレルギー対応

保護者と対応について共通理解し、職員が連携しながら実施しています。
「食」の提供をマニュアル化して安全で確実な実施に努めます。

食事の様子

中村学園大学付属 おひさま保育園

〒819-0006
福岡市西区姪浜駅南2-31-6

TEL092-894-3456

ページの先頭へ