薬膳科学研究所

研究所について

1995年12月14日に本学は中国上海中医薬大学と学術交流協定が結ばれ、本学の栄養学・予防医学と上海中医薬大学の中医学の共同研究を進めるために、薬膳をテーマに掲げて薬膳の教育・研究が開始され、日本において初めて薬膳の幕が開かれたのです。

その後、2004年に日本で初めての薬膳科学研究所が設立されました。薬膳の教育・研究をさらに推進するために、4つの部門として分子栄養学部門、栄養疫学部門、生物応答部門、開発・教育部門が設置され、4部門で研究テーマを共有し、各専門領域からの研究成果を終結し、薬膳の教育、腸内細菌の改善による生活習慣病の予防、テーラメイド健康管理システムの構築を進めています。各研究部門の活動におきましては、研究成果を積極的に社会に発信することは研究所の一つの責務であると考え、ホームページ、研究所の研究紀要の発行等新しい知見を社会へ発信、さらに講習会や研修会を通じて薬膳の普及活動にも力を注いでいます。

また、一方では薬膳の研究開発を通して、食品企業と健康増進の日本型薬膳食品の開発も行い、食品でもあり食療中薬でもあるヨクイニン、生姜、唐辛子などの薬膳食材を使用した低カロリーのチップスや腸内環境改善を目的とした発酵食品の開発を産学官連携事業で進めてきました。

社会的事業としましては、本学と上海中医薬大学、上海市政府と共催で2006年に福岡市で日中国際薬膳博覧会を開催いたしました。薬膳に関する企業展示、学術シンポジウム、セミナー、市民公開講座、料理講習会を実施、13000名以上の人が参加されて、薬膳の啓発やビジネス、健康教育にも貢献できました。

今年2017年9月1日(金)から3日(日)に福岡国際センター、国際会議場において本学園および上海中医薬大学主催で第2回「YAKUZEN EXPO 2017:薬膳がもたらす健やかな暮らしを育む」を開催する運びとなりました。現代社会において人々の食の営みをもう一度食の原点にもどってながめてみようというコンセプトで開く博覧会です。社会的なニーズに応える食の在り方として、各ライフステージ・ライフスタイルに対応できるよう科学的根拠を立証し、“より良く生きるための食"を世界に発信していくため、薬膳科学研究所も総力を挙げて支援致しております。皆様の御協力、御参加をお待ちいたしております。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示