TOPICS

2019.04.25開催報告

手嶋ゼミ~高齢者疑似体験ワークショップ

2019416日、23日に流通科学部の手嶋ゼミ3年生16名が、高齢者疑似体験ワークショップを行いました。高齢化が進む中で、商品やサービスに求められる機能や配慮の視点を学ぶことを目的として行われました。

学生たちは、加齢に伴う筋力や視力の衰えや姿勢の変化を体験できる専用装具を身に付け、階段やエレベーター、自動販売機を利用したり、バッグから財布や文具を取り出す、傘をさす、新聞を読む等の体験を行いました。

高齢者の視点で身の周りを見てみると、様々な課題点や改善点を見つけることができました。また、高齢者にやさしい商品は多くの人たちにとっても使い勝手がよく、安心で安全な商品であるという発見もあり、商品開発を学ぶ上での貴重な体験となりました。
写真
 
写真
 
写真
 
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示