TOPICS

2019.05.07開催報告

日本語パートナーズの活動報告【インドネシア9期 派遣】

写真
 

日本語パートナーズとは、「日本のファンを増やす」というテーマのもと、国際交流基金アジアセンターが実施している派遣事業で、アジアの中学・高校などの日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや、日本文化の紹介を行います。また、募集要項が20歳から69歳と、幅広い年代の方々と出会えるのもこのプロジェクトの魅力です。
私は、2018年7月下旬~3月上旬まで8か月間インドネシアの東ジャワ島にあるマラン市の2校の国立高校に派遣されました。生徒に日本語を教えることはもちろん、日本食の紹介や浴衣の着付けを行うなど、日本の文化も生徒たちに教える活動を行いました。
卒業後は、海外でも活躍できるような仕事につきたいと思っているので、よい経験と
なりました。
                          流通科学部 4年 西村 遼
写真
 
写真
 
写真
 
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示