TOPICS

2017.10.25開催報告

第13回地下鉄七隈線沿線3大学合同シンポジウム

写真
 

平成29年10月22日(日)、福岡歯科大学本館9階講堂にて第13回地下鉄七隈線沿線3大学合同シンポジウムが開催され、地域の方や大学関係者が約130名参加されました。このシンポジウムは、地下鉄七隈線沿線に所在する福岡大学、福岡歯科大学、中村学園大学の3大学連携のもと、市民の健康づくりを目的に毎年実施され、今年度で13回目を迎えました。今回は「微生物の力を借りて健康になる」をテーマに、第1部では各大学の講師からそれぞれの専門分野による講演が、第2部では公開討論が行われました。
 
本学からは、短期大学部食物栄養学科の三堂德孝教授が「調理における発酵食品の有用性」をテーマに講演され、公開討論では地域の方から「お勧めの味噌はありますか」などの質問についてご自宅で使っている味噌でも十分美味しく料理を作ることができると、分り易く丁寧にアドバイスされました。
最後に、本学の栄養科学部の太田英明教授より、来年は中村学園大学で開催されることが連絡され、閉会の挨拶がなされました。
 
日 時 平成29年10月22日(日)13:30~16:00
第1部 各大学講師による講演
■『調理における発酵食品の有用性』
 中村学園大学短期大学部 食物栄養学科 教授 三堂 德孝
■『お口の健康と乳酸菌』
 福岡歯科大学 総合歯科学講座 主任教授 廣藤 卓雄
■『腸内細菌と健康な暮らし』
 福岡大学 医学部 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科
 福岡大学病院 総合周産期母子医療センター 准教授 廣瀬 龍一郎
第2部 公開討論(来場者と講師の質疑応答)
写真
 
写真
 
写真
 
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示