TOPICS

2019.02.07開催報告

流通科学部 海外スカラーシップ制度 留学レポート⑥~華東師範大学~

写真
 
写真
 
私は海外スカラーシップ制度を利用し、2018年9月から2019年2月まで、中国の上海にある華東師範大学に留学しました。国際交流を重視した大学であり、東京大学等、世界の有名大学との合同研究協議を行い、世界150校との研究交流を深めています。
国際色豊かな校内には、とても多くの外国人留学生が在籍しています。華東師範大学の特徴は上海一美しいと言われるキャンパスです。キャンパス内は中国伝統の庭園風の造りになっていて、川が流れ、橋がかかり、ゆったりとした雰囲気です。このような環境で落ち着いて勉強できることはとても魅力的だと思います。
私は中国語普通コースに在籍して中国語を学びました。授業では、リスニング、スピーキング、文章読解の3科目がありました。内容は日常会話練習や、中国文化についてです。ディスカッションやプレゼンテーションが主でした。どの授業でも先生はとても熱心で、私はおとなしい性格ですが、先生のおかげですぐにクラスに打ち解けることができました。
今回の留学では、言語の向上だけでなく、成長著しい中国について沢山のことを学びました。帰国した今、中国の印象を一言で表すと『快適』です。信じられない人もいるかと思います。もちろん先進国にはかなわない部分もありますが、あらゆる面において快適で、日本にないものが中国には沢山あります。そして、中国にないものが日本には沢山あります。
将来は中国と日本の架け橋になれる存在になりたいと思っています。少しずつ決まりつつある将来の夢に向かって前進したいと思います。もし留学をしたいと考えている方は、ぜひ上海にも一度目を向けてみてください。
流通科学部3年 北島 敬章
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示