• ホーム
  • 学生生活
  • 大学院奨学金・研究費

学生サポート

大学院奨学金・研究費

大学院奨学金

1中村学園大学 大学院奨学金

大学院生の研究を奨励し、社会に有為な人材の育成に資するため「中村学園大学大学院奨学金」が設けられています。
本学卒業生を対象に入学金の全額が給付されます。(返還の義務なし)

2日本学生支援機構奨学金

(独)日本学生支援機構による奨学金制度で、経済的理由により修学が困難であり、優れた学生に対し、学資として奨学金が貸与されます。毎年4月に募集しています。

【2018年度入学者の貸与月額】

奨学金の種類 貸与月額
第一種(無利子) 50,000円又は88,000円内
第二種(利子付) 50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択

3中村学園大学同窓会奨学金

中村学園大学同窓会による奨学金制度で、中村学園大学大学院(博士後期課程は除く)に進学する優秀な中村学園大学生を対象とし、採用者には200,000円が給付されます。(返還の義務なし)
※詳細については、本学生活支援課までお問い合わせください。

長期履修制度

職業を有している方、子育てや介護中の方など、標準修業年限(博士前期課程・修士課程は2年、博士後期課程は3年)での修学が困難な方のための制度です。

長期履修制度

特別研究費

大学院生が修士論文または博士論文を作成するための経費として、以下のとおり特別研究費が付与されます。これは研究指導教員に対し付与されるもので、大学院生の論文作成に対してのものであるため、助成範囲は限られるものではありますが、事務用品や実験試薬などの消耗品のほか、学会の参加費や旅費などに使用することができます。

栄養科学研究科 博士前期課程:200千円(年額)
博士後期課程:280千円(年額)別途学会旅費80千円あり
教育学研究科 修士課程:130千円(年額)
流通科学研究科 修士課程:130千円(年額)

大学院一般教育訓練給付指定

本学大学院(全研究科)は、平成20年度から「厚生労働大臣指定一般教育訓練講座」の指定を受けています。 社会人経験のある方の就学への支援の一つになっていますので、是非活用してください。

一般教育訓練給付制度とは

厚生労働省が、労働者の自発的な職業能力の開発及び向上の取り組みを支援し、その雇用の安定及び就職の促進を図るための雇用保険の給付制度の一つです。

受給対象

雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方(過去に給付制度を利用したことがない方は1年以上)で、大学院修士課程(博士前期課程)に入学し、2年間で修了した方。
※教育学研究科社会人修士課程1年制は、講座の指定を受けていません。(2019年度)

給付金額

授業料等の一定の割合に相当する額〔納付金(入学金、授業料)の20%。但し、上限10万円〕となっています。

受給方法

大学院修了日(学位記授与式)の翌日から1ヶ月以内に住所地のハローワークで受給申請を行ってください。(申請に関する書類は、学位記授与式当日にお渡しします)

一般教育訓練給付制度の詳細については、以下より各研究科の明示書をご確認ください。

お問い合わせ

中村学園大学・中村学園短期大学部 生活支援課
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示