• ホーム
  • TOPICS
  • UR金山団地にて毎年恒例の「第5回健康栄養教室」を開催しました!

TOPICS

2017.09.05ニュース

UR金山団地にて毎年恒例の「第5回健康栄養教室」を開催しました!

 平成29年8月7日(月)金山団地において、栄養科学部栄養科学科4年の安武ゼミ生 14名が、金山団地町内会およびUR都市機構と連携し、第5回健康栄養教室を開催しました。教室当日は台風が上陸するという予報でしたので、開催ができるか心配されましたが、予定通り実施することができました。
今年度は、「ちょっと実践、ずっと健康!~今日から役立つ低栄養予防~」をテーマとして教室を企画しました。具体的な内容は、1)スライドを用いた低栄養に関する情報提供、2)自分の手のひらを使って1日に食べる食品量を概算する「手ばかり法」の体験学習、3)低栄養予防レシピの調理実演・試食、という流れでした。
 手ばかり法の体験学習では、参加していただいた方々が主体となって、1日に摂取するたんぱく質量を学習できるように工夫をしました。栄養教育媒体として用いた手作りフードモデル(フエルト生地で製作)を用いて、グループ毎に行なった「手ばかり法」の体験学習は、とてもわかりやすいと大好評をいただきました。グループ毎における参加者同士および学生と参加者のコミュニケーションが大いに盛り上がり、楽しく学ぶことができました。調理実演では、ポリ袋を使用して簡単にできる「肉団子の中華煮」と、「さば缶と大豆のドライカレー」を紹介しました。
参加していただいた方々の反応は全体的に大変好評で、「とても分かりやすい説明で参考になった」「自分にあったたんぱく質の量がわかった」「肉団子の中華煮がとても美味しく、ぜひ作りたい」などの感想をいただきました。また、次年度以降の健康栄養教室をより良くするための改善点も見つけることができました。
 このようなイベントを、企画から実践まで行なうことは初めての経験でしたが、金山団地町内会やUR都市機構の皆様のご協力をはじめ、多くの方々に支えていただきながらつくり上げていくことができました。また、健康栄養教室に参加していただいた金山団地住民の方々に感謝しています。今後、本教室で得られたデータを集計・分析し卒論研究に活かしていきたいと思います。
 
                            栄養科学部栄養科学科4年 安武ゼミ 三好、井上、臼井、荻野、杉森
写真
 
写真
 
写真
 
写真
 
写真
 
写真
 
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示