• ホーム
  • TOPICS
  • 第2回食育講座「楽しく適量を食べて美しく健康に~食べ過ぎの弊害~」

TOPICS

2018.10.10開催報告

第2回食育講座「楽しく適量を食べて美しく健康に~食べ過ぎの弊害~」

写真
 
写真
 
写真
 

929日、第2回食育講座が開催され、「楽しく適量を食べて美しく健康に~食べ過ぎの弊害~」をテーマに本学栄養科学部栄養科学科の森口講師による講義に約20名の方が参加されました。

まず、食べ過ぎの弊害についてのお話がありました。食べ過ぎによって肥満、特に内臓脂肪型肥満になると、メタボリックシンドロームや生活習慣病を引き起こし、将来的には虚血性心疾患や脳梗塞などにつながりやすくなること、また肥満により体重の負荷が膝や腰にかかり日常生活にも支障をきたしてしまうことにもつながる可能性もあるとのことでした。

肥満で減量をする際に注意が必要なのは、短期間の急激なダイエットや不適切な食事のみのダイエットで、脂肪とともに筋肉も減り、リバウンドしてしまうと、筋肉は衰えたまま脂肪ばかりが増えてしまい、「サルコペニア肥満」といわれる状態にもなる可能性もあり、将来的に要介護や寝たきりにもつながりかねないのだそうです。

そこで、肥満により減量をする際には、美しく健康になる「筋活ダイエット」がお勧めであるとのことでした。減量する場合は1カ月に1㎏程度の減量とし、食事と運動の両面から行うことが鉄則であること、食事は栄養バランスのとれた主食・主菜・副菜のそろった一汁三菜が基本で、「量」「質」「タイミング」をおさえてたんぱく質を摂ること、飲酒、間食、食べ方、食習慣のコツなど、食事に関する実践的なアドバイスを中心に説明され、最後に運動も同時に行うこと、そして生活リズムを整えることの重要性を述べられ、講義が終了しました。講義後には食育館にて、今回のテーマに合わせたしっかり噛める食物繊維豊富な一汁三菜ランチメニューを参加者全員でいただきました。参加者の中には早速、講義で紹介された食べ方を実践して召し上がられる方もおられ、有意義な一日となりました。

レポート 流通科学部4年 林 克樹
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示