• ホーム
  • TOPICS
  • 緊急事態宣言発令を受けての本学の方針・対応・取組について【1月14日】

TOPICS

2021.01.14ニュース

緊急事態宣言発令を受けての本学の方針・対応・取組について【1月14日】

令和3年1月14日

緊急事態宣言発令を受けての本学の方針・対応・取組について【1月14日】
 
1月13日、内閣総理大臣より「緊急事態宣言」の対象区域に福岡県が加えられ、知事からも外出自粛等行動に関する緊急事態措置が要請されました。
つきましては、緊急事態宣言期間中における本学の方針・対応・取組を決定しましたのでお知らせします。
 
【本学で定めた行動指針のレベル引き上げ】
原則4(制限(大))とするものの、一部項目はレベル3またはレベル2とします。
今回の緊急事態宣言の内容が、学校における一斉休校の対応は取らないこと、昨年4月に発出されたものに比べてやや限定的であること、学生・教職員に感染拡大防止の取り組みが浸透していることなどにより決定しました。
学生の行動に関する主な変更点は以下のとおりです。詳細は添付資料をご確認ください。
【レベル4へ引き上げ】
 課外活動・・・1月14日(木)から、緊急事態宣言が解除されるまで活動禁止とします。
【レベル3へ引き上げ】
 授業・・・原則WEB授業を実施しますが、対面授業が不可欠な科目については、感染防止対策を講じた上で実施します。
【レベル2へ引き上げ】
 学生の入構・・・原則対面授業出席者に限り入構可能とします。
 
【その他】
・原則、夜8時以降、学内への立ち入りはできません。
・家族を除く、5人以上の会食を禁止します。
・図書館、パソコン室、健康増進センター、栄養クリニック、発達支援センターは、18時までの開館とします。
・食育館は、授業期間中(~1月19日)は通常営業とし、20日以降は弁当のみの販売とします。なお、本学学生は、学生証を持参すればこれまで通り無料で提供します。
・ベーカリーアステックス及び丸善キャンパスショップは、授業期間終了後(1月20日~)、時間短縮での営業とします。
・学外者への施設貸出は、原則として不可とします。
 
中 村 学 園 大 学
中村学園大学短期大学部
学長 久保 千春
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示