教育学研究科

3つのポリシー

教育目標
教育学研究科(以下、「本研究科」という)は、子供の発達、教育、保育に関わる専門分野における確かな理論的基盤とともに、学校、幼稚園、保育所、福祉施設など、教育・保育の現場における優れた実践力を備えた専門家を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本研究科は、次のような資質・能力・意欲を有している人を受け入れます。

  • 1.大学院の学修にとって必要な学力的基盤と修士論文作成のための基礎的研究遂行能力を有している人
  • 2.教育・保育と子供の発達に関わる諸問題を研究し、修得した専門的能力を職業人として活かしたい人
  • 3.教育・保育の現場における実践経験の上に立って、より高度な専門的知識や実践力を身につけ、教育・保育の現場で活用しようと意欲を持っている人
  • 4.基礎と臨床の視点から子供、家族、子育てについて理解を深めるとともに、発達支援に携わりたい人

これらの資質・能力・意欲を書類審査、筆記試験、面接によって総合的に評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本研究科は、ディプロマポリシーに掲げる資質・能力の修得のため、以下に示す教育課程を編成するとともに学修方針を定めています。

  • 1.学修のための枠組みとして「教育学系」「保育・教科教育系」「教育臨床系」の3つの系を置いている。
  • 2.各系における教育課程編成は、それぞれの分野における高度な専門的知識の修得を図ることを基本としている。大学院生は3系から1つを選択し、その系の専門分野に即した学修を行うが、他系科目の履修による幅広い学修も確保されている。
  • 3.大学院の学修における中心は修士論文作成である。修士論文の作成を通じて高度な研究遂行能力の涵養を図っている。修士論文作成のための必修科目として「研究方法論」と「特別研究」を置いている。「特別研究」は指導教員が担当し、そこにおいて修士論文作成のための具体的な指導がなされる。修士論文の評価は「教育学研究科学位論文審査基準」にしたがって行われる。
  • 4.教育学研究科の授業のほとんどは少人数教育で行われ、教員と大学院生によるディスカッションを通じての授業への能動的参加を促進している。
  • 5.本学付属の幼稚園、保育園、発達支援センターと連携した学修を通じて、保育や発達支援の現場実践に即した課題解決能力の涵養を図っている。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本研究科は、次のような資質・能力を有すると認められた者に修士(教育学)の学位を授与します。

  • 1.教育学、教科教育学、保育学、発達心理学、教育心理学、児童福祉学等の専門分野における高度な研究遂行能力を身につけている。
  • 2.教育・保育に関わる実践現場(学校、幼稚園、保育所、福祉施設等)での課題解決においてリーダーとして活動できる。
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示