キャリア開発学科

3つのポリシー

教育目標
“キャリア”とは、働く場あるいは生活する場でのさまざまな関わりの中で、自己の価値を形成し、それをそれぞれの場で生かすための努力過程です。キャリア開発学科は、このようなキャリア形成に絶えず努め、それぞれの場において貢献し得る人間性豊かな人材を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

本学科は、ビジネスパーソンや家庭人として活躍できる人材を育成するため、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  • 1.高等学校卒業レベルの基礎的な学力および思考力、行動力を有している人
  • 2.エチケット・マナー、コミュニケーション能力の向上に励む意志のある人
  • 3.自己のキャリア形成に強い意欲を持っている人

【入学前の学習について】

  • 1.高等学校で学習した全ての科目を復習しておくことが望まれる。
  • 2.日本や世界のビジネスに興味・関心をもち、自分のキャリアについて考えておくことが望まれる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学科では、本学の卒業認定・学位授与の方針に掲げる目標を達成するための科目を体系的に編成した授業を開講します。

  • 1.本学科の学びの基盤となる必修/選択必修科目を「基盤分野」に配置する。
  • 2.ビジネスパーソンや家庭人として活躍できる知識・技能を修得するための科目を「教養分野」「家政分野」「ビジネス分野」「語学分野」に配置する。
  • 3.学生の主体的な学びを推進する科目を「フィールドワーク分野」に配置する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学科では、規定の課程を修め、かつ次のような資質・能力を備えた人に短期大学士(家政経済学)の学位を授与します。

  • 1.本学の「建学の精神」を修得し、自己のキャリア形成に主体的に取り組む態度を身につけている。
  • 2.ビジネスパーソンや家庭人として活躍できる知識・技能を修得している。
  • 3.自ら課題を発見し、能動的に取り組み解決する実践力・応用力を身につけている。
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示