メッセージ|栄養科学部 フード・マネジメント学科|学部/学科/大学院|中村学園大学・中村学園大学短期大学部

栄養科学部 フード・マネジメント学科

メッセージ

学部長メッセージ

わが国は世界に類を見ない超高齢化社会を迎え、要介護者が増加するとともに、少子化により生産年齢人口が減少しています。また食生活や日常の習慣と関わりの深い生活習慣病の罹患率が高まることにより、国民医療費は毎年増加し、医療経済のあり方が問われる状況に至っています。特に栄養の分野では、これらの状況に対応するため、個人および集団の心身の健全な発育・発達はもとより、健康の保持・増進、さらには疾患の予防や重症化の軽減において、健全な食生活を営み、良好な栄養状態を確保していくことが重要となっています。中村学園大学栄養科学部では、学園祖中村ハル先生の実学を重んじる教育が現在も継承しながら、「食の中村」として、「人」の栄養に関する高度な栄養科学の知識と実践力、そして、人間性豊かな指導力を備えた食のスペシャリストである管理栄養士養成の教育を実践しています。

特に栄養科学分野では、健康増進という視点から「人」と食を総合的にマネジメントする時代に入っており、このような見方は世界レベルでの食糧生産環境や食料供給バランス、流通ツールなどをマネジメントする領域にまで広がっています。栄養科学部ではこれまで培った長年の教育・研究を土台に、栄養の科学を通じて人類の健康の保持・増進に貢献する人材を、「栄養科学科」と「フード・マネジメント学科」という2学科において育成することを目指しています。

栄養科学科は、総合的な栄養管理能力を兼ね備えて、広い視野を持つ人間性豊かな実践力のある管理栄養士を養成しており、そのカリキュラムはシークエンス(配列)を考えた構成となっています。また、付属医療施設の「栄養クリニック」を活用して、臨床栄養学の実践的な実習に取り組み、さらに模擬患者(SP)実習、客観的臨床能力試験(OSCE)などを段階的に実施し、管理栄養士としての実践力の確実な修得をサポートしながら就業力の育成も図っています。また卒業論文は、少人数教育で問題解決能力や主体的な研究態度、生涯にわたって学び続ける姿勢等を修得するための重要な科目として開講しています。

フード・マネジメント学科は日本でも類を見ない学科であり、エビデンスに基づいた健康増進に寄与する食品の研究・開発に加えて、食科学をビジネスへつなげる知識を併せ持つようなカリキュラム内容で、高付加価値な食産業を創出できる人材を育成しています。昨今の健康志向の高まりから消費者は安全で健康により良い食品を求めています。この学科では、社会的要請に柔軟に対応し新たな挑戦に取り組んでおり、この新分野を担う食のスペシャリストを養成しています。

食のスペシャリストは「人」を対象とした仕事であることから、高い倫理観と使命感に加え、幅広い教養と豊かな人間性が求められますので、栄養科学部では専門教科の修得に留まらず、本学の建学の精神を踏まえた人間形成に努めていきます。

栄養科学部長

三成 由美

主任メッセージ

フード・マネジメント学科は、「新たな食品の開発による食産業の活性化」という、九州の食産業全体が抱えている課題に取り組んでいきます。食品の開発、食の安全性だけでなく、その先にある「販路開拓」「輸出等による外需の獲得」「生産性の向上」による製品の高付加価値化を実現し、「食」に貢献できる人材の育成を目指しています。

本学科のカリキュラムは、30を超える企業・団体とコンソーシアムを組成し、専門的・実践的な人材を育成する教育プログラムを策定しました。1・2年次に栄養科学・食品科学の基礎科目をしっかりと習得し、3・4年次にそれらをビジネスに結び付けるためのマーケティング系科目を充実させています。また、座学だけでなく、国内外での研修やインターンシップ等、フィールドワーク科目を1年次から4年次まで体系的に編成しており、さらに海外ビジネスを見据え語学教育にも力を入れています。

食関連分野においては、原材料の生産から、その材料が加工され、消費者の手に渡るまでを総合的にマネジメントできる能力が必要とされています。本学科では、「食の中村」が現状に満足することなく、次世代における九州経済をリードし、世界へ発信できる食のスペシャリストを育成します。

栄養科学部
フード・マネジメント学科

主任 藥師寺 哲郎

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示