発達支援センター

「子育て支援」「発達障害支援」の2本の柱を両輪に活動

子どもの発達と支援のありかたを研究し、新たな教育方法を開発する場にしようと、平成20年10月1日発達支援センターが発足しました。
子ども達を取り巻く環境が目まぐるしく変化している現代社会の中で、子どもの行動をどう理解すればよいのか、子どもにどう接すればよいのか、保護者も保育・教育関係者もそれぞれの場で問題を抱えています。そのような中で、当センターでは、地域行政が行う「居場所・交流」型支援に対し、大学ならではの物的資源(設備・教育機器など)や人的資源(幅広い分野の専門家集団・学生など)を生かした「学習・教育」型支援を行うことを目指しています。

主な活動

発達臨床支援部

動作法訓練会

肢体不自由児者の方に対しては、各自の動作状態に応じた弛緩訓練と坐位、膝立ち、歩行の訓練課題の実現を目指した支援を行っています。また、発達障害等の子どもに対しては、動作法の弛緩訓練や腕上げ動作訓練を実施し、不適応行動の改善、適応行動の促進、自己コントロール能力の向上を図ることを目的とした支援を行っています。

思春期・青年期の発達障害者のためのソーシャルスキル学習支援グループ

福岡発達障害者親の会「たけのこ」との共催で、仲間と楽しみながらソーシャルスキルを活用するゲームやロール・プレイング、自分の身体についての気づきを高める活動を行っています。またそこでいっしょに活動する大学生にとっては、発達障害の特性やその支援のあり方について学ぶ機会となっています。

個別相談及び療育

地域に在住する子ども(就学前)の発達に関する相談や個別支援を行っています。

保育・教育支援部

親子教室

福岡市城南区の「子どもプラザ」(地域子育て支援事業)と連携して、地域の学習型子育て支援として、ミニ講義や親子遊びを行っています。

地域交流研修会

本学付属あさひ幼稚園との共催による子育て支援事業の一環として、地域の子育て家庭の保護者ならびにあさひ幼稚園保護者、地域の幼稚園・保育園の先生方を対象に講演会やワークショップ等を実施しています。

両部門共通

子どもの育ちをみつめる“保育・教育専門講座”

地域の幼稚園教諭・保育士・子育て支援業務に携わっている方を対象に、保育や教育の諸問題についての講座を実施しています。

ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示