学校法人中村学園

学園祖 中村ハル先生の想いと記録

中村ハル先生 ゆかりの品

中村ハル先生のゆかりの品々を一部ご紹介いたします。中村学園資料室には中村ハル先生及び学園に関連する写真や資料等が収納されています。是非、お立ち寄りください。
師範学校卒業証書
1902(明治35)年3月 ハル先生 17歳
小学校教員免許状
1902(明治35)年3月 ハル先生 17歳
給与辞令
1918(大正7)年5月ハル先生33歳
著作
『学校を生活の場所としたる家事教育』
1927(昭和2)年4月ハル先生42歳
著作
『郷土に立脚したる家事科の施設及指導の実際』
1932(昭和7)年11月ハル先生48歳
藍綬褒章
1963(昭和38)年11月 ハル先生 79歳
勲三等瑞宝章
1965(昭和40)年11月 ハル先生 81歳
肖像写真
1965(昭和40)年11月 ハル先生 81歳
自伝『努力の上に花が咲く』直筆原稿
1966(昭和41)年頃ハル先生82歳
ハル先生似顔絵(西島伊三雄スケッチ訪問)
1969(昭和44)年3月 ハル先生 84歳
色紙
1971(昭和46)年3月 ハル先生 86歳
福岡県小5「道徳教育」副読本
1983(昭和58)年4月 ハル先生 没後

学園資料収集についてのお願い

中村ハル先生ゆかりの品物、写真、記念品、教科書等、学園に関係する資料等でご寄贈いただけるものがありましたら、総務部までお問い合わせください。
日の丸の十二徳   
日の丸の歌
昭和37年、戦後の日本の教育のあり方を模索していた中村ハル先生は、国旗日の丸が表現する美しさのなかに教育の理想である日本人としての人間形成目標が示されているととらえ、独自の「日の丸の十二徳」と「日の丸の歌」を制定し、学生、生徒と愛唱していました。

中村ハル先生 ゆかりの地

地図上の番号を押すと説明が表示されます。

4直方高小時代 17歳(左端)
6師範付属小時代 23歳頃
10横浜時代 36歳頃(左から2番目)
12明親女子高小校舎 昭和3年当時
13九州高女時代 55歳頃(左端)
15割烹女学院唐人町校舎
16「中村学園発祥の地」石碑
17福岡高等栄養学校新築工事
18調理示範中のハル先生 79歳
19開校当初の女子高校校舎 昭和36年当時
20藍綬褒章受章祝賀会 79歳
21開学当初の大学校舎(現東2号館)
22勲三等瑞宝章受章 81歳
23あさひ幼稚園園舎 昭和45年当時
24顕彰碑
25霊 塔( 千 眼 寺 )
26学園資料室(現在は1号館2階)
01生誕地
1884(明治17)年6月1日 0歳
農業中村徳右衛門、サト夫婦の次女として早良郡西新町(現在の福岡市早良区)に生まれる
02西新尋常高等小学校
1898(明治31)年3月 13歳
首席で卒業 現在の福岡市立西新小学校
03福岡県師範学校
1902(明治35)年3月 17歳
卒業 現在の福岡教育大学(宗像市赤間)
05草ヶ江高等小学校
1905(明治38)年9月 21歳
転任 大正8年廃校
07田隈小学校
1910(明治43)年6月 26歳
転任 現在の福岡市立田隈小学校
08有田高等小学校
1914(大正3)年1月 29歳
転任 現在は福岡県立福岡講倫館高等学校が所在
09松崎実業女学校
1920(大正9)年1月 35歳
転任(家庭科主任) 現在の福岡県立三井高等学校
11兵庫尋常高等小学校
1925(大正14)年4月 40歳
転任現在の神戸市立兵庫大開小学校
オリエンタルホテル・鶴屋などで料理研究
14諸塚村塚原
1948(昭和23)年11月末頃 64歳
九州高等女学校退職後一時静養
19中村学園女子高等学校
1960(昭和35)年4月 75歳
開校、校長に就任
27弟 中村関次郎 やまももの木
1996(平成8)年11月 没後
若くして亡くなったハル先生最愛の弟 関次郎ゆかりの木を中村学園大学内に移植