学校法人中村学園

学校法人中村学園
教職員の行動指針

学校法人中村学園は、学園祖 中村ハル先生の「何よりも人物ができていることが基本である」という教育信条のもと、次世代を担う日本人としての人間の育成を目的に教育・研究に励みます。
この目的遂行にあたり私たち教職員は、教育・研究に携わる者に課せられる崇高な使命を深く自覚し、それぞれの立場で職責を果たしていくために、次に掲げる行動指針を実践し、社会からの期待に応え、信頼される学園づくりに取り組みます。

有為な人間の育成

私たちは、建学の精神及び教育目標の実現に向けて、豊かな学びの場を提供し、有為で人 間性にあふれる人を育てます。

人権の尊重

私たちは、学園にかかわる全ての人に敬意をもって接し、互いの人権、人格、価値観を尊 重します。

法令・社会規範の遵守

私たちは、法令や社会規範を遵守するとともに、学園の風土を大切にし教育に携わる者とし てふさわしいモラルを持って行動します。

高い倫理観を持った研究活動

私たちは、研究活動において高い倫理観を持ち、研究成果を社会に提供します。また、 研究活動における不正行為を排し、適正な研究の実施、研究費の管理・運用を行います。

開かれた学園づくり

私たちは、地域や社会と積極的な連携・交流を行い、社会に開かれ環境に調和した学園 づくりを目指します。