中村学園大学・中村学園大学短期大学部

短期大学部幼児保育学科
幼児保育学科のカリキュラムはこちら

授業・実習

TOPICS1

「オペレッタ発表会」を通して歌や表現の楽しさを伝えられる保育者へ

「声楽」の授業では、学習のまとめとして「オペレッタ(軽歌劇)」を制作します。さらに学びを深めるためにオペレッタに取り組むゼミもあり、歌や踊りに加え、題材選びや衣裳・小道具制作、 演出まで自分たちで行い、付属園などで発表。子どもたちを惹き付け、歌や表現の楽しさを伝えられる感性豊かな保育者へと成長することができます。
TOPICS2

現場の先生方ともつながる卒業後にもナカムラの教育がある

幼児保育学科に所属する教員は保育・施設現場の先生方とも強いつながりがあり、保育施設での施設内研修をはじめ、 国が推進する保育士等のキャリアアップの事業・教員免許更新講習の講師を担っています。幼児保育学科卒業生も現場の保育者として研修を受講することもあり、幼児保育学科での学びは学生時だけでなく現場に就職した後にもつながっていきます。

学びの実感

  • 平田 咲希さん
    (宮崎県 宮崎南高等学校出身)

    授業では子どもの発達過程に沿った指導計画を作成するための知識を学んだり、実際の保育現場の映像を見て、保育者の狙いや工夫を考えます。保育現場の様子を映像で見ることで、よりリアルに保育の仕事を知ることができ、将来の夢に向かって頑張ろうという気持ちも湧いてきます。将来はいつでも明るく、子どもの気持ちに寄り添える保育者になりたいと思っています。

  • 土手 美空さん
    (福岡県 古賀竟成館高等学校出身)

    元々子供と接するのが好きで、保育士になることが私の夢だったので、幼児保育で伝統があり、先生が一人ひとりにしっかり向き合ってくれる中村学園大学短期大学部を受験しました。幼児保育の基礎的な能力を身に付ける授業に加え、実践的な学びを体感するための教育実習、保育実習が充実していることが魅力です。