中村学園大学・中村学園大学短期大学部

栄養科学部フード・マネジメント学科
栄養科学部 フード・マネジメント学科のカリキュラムはこちら

授業・実習

TOPICS1

企業講師による授業
(食品ビジネス戦略論)

食産業のトップマネジメントや
第一線で活躍する実務者を招いた講義
「食品ビジネス戦略論」や「食品企業経営戦略論」では、食産業の最前線で活躍する講師を招いてこれまで企業が直面した問題にどのように対処してきたかなど、ビジネスや経営上の企業戦略について語って頂きます。そこで語られる内容は、学生たちに大きな刺激となり、これから食産業について学びを深め、実社会で活躍するための大きな動機付けを与えることになります。授業では、講義を受けて自ら考えたことを発表し合い、知識や思考法を確実なものにしていきます。
TOPICS2

インターンシップ
(食品ビジネスインターンシップ)

多くの協力企業のもとで、
食産業の実際を体験
「食品ビジネスインターンシップ」では、それまでの学びで得た知識を食産業の実際の現場で発揮するとともに、新たな課題を発見することとしています。学生たちは、第一線で活躍する企業人の指導の下、食品の原材料の生産から調達、加工、流通、販売に至る流れの中で、実際に新商品の企画、商品開発、商品の販売、商品の科学的分析など、理科系からビジネス系に至る幅広い分野での実際を体験します。こうした活動が就職活動へ向けた第一歩となります。

学びの実感

  • 久我 洸平さん
    (福岡県 九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    フード・マネジメント学科ならではの企業との取り組みとして、ネスレ日本株式会社様との協働プロジェクトの活動を行いました。大学生のコーヒー消費量をどのようにすれば増やすことができるかというテーマで実際にコーヒーを大学内で販売を行いアンケートなど取りながら、コーヒー消費の拡大について考察などを行いました。

    授業で企業の方のお話を実際に聞くことができたおかげで、自身がどのような企業に就職したいかやどのような職種で入社したいかなどのビジョンが明確になる点が非常に良いなと感じています。また、授業でも実際に商品などを企画する授業もあるため、入社してすぐに戦力として見込んでもらいやすくなる点も目標とする職種に近づける良い点だと考えます。授業で習ったマーケティング戦略を実際に試す機会があり、販売し売り上げを伸ばすことの難しさなどを学ぶことができました。

  • 松垣 千紘さん
    (福岡県 修猷館高等学校出身)

    フード・マネジメント学科にはダブルディグリー(単位互換制度)留学制度があり、在学4年間のうち1年間、協定校に留学することが出来ます。私がこの留学を志望した理由は、日本とは違う文化や環境を肌で感じたいと思ったからです。ハワイのKCC(ハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)では豊かな自然環境の中で高い調理技術を身に付け、精神的にも肉体的にも強くなりたいと思っています。
    留学中の目標は、実習や授業での英語を全て自分の力で理解できるようになることです。

  • 中山 凱斗さん
    (福岡県 八女高等学校出身)

    以前は、人の前に立ち話すことに苦手意識を持っていましたが、「マーケティング論」の授業の中で、モノがどのような戦略や方法で売られているのかなど「モノを売るための仕掛けづくり」について、実際に個人で商品を企画し、その企画についてグループや個人でプレゼンテーションを行う経験をし、苦手意識を払拭することができました。 また、「食品ビジネス戦略論」の授業では、多くの企業の方に実際に講義にお越しいただいて、現場のリアルな話を聞くことができ、また直接質問もさせていただいて、実際の企業のイメージを実感できました。それらの授業を通して、食品企業で商品の企画を立て、販売することに対して興味が湧き、そのような仕事に携わりたいと考えています。