中村学園大学・中村学園大学短期大学部

流通科学部流通科学科
流通科学部 流通科学科の
カリキュラムはこちら

授業・実習

TOPICS1

九州の「人の流れ」を調査・分析

九州運輸局との連携プロジェクトで、
研究・支援を行う
九州運輸局と協働で、九州新幹線西九州ルートの開業前に、地域の人の流れをつかむことを目的としたプロジェクトです。
調査票の設計から、実施まで取り組んでいます。
TOPICS2

「九州の魅力再発見プロジェクト」

「自分たちにできることは何か」を話し合い、九州の魅力に出会える場づくりに取り組む
天神の商業施設で九州の特産品を販売する店舗と共同で商品の魅力をPRし、集客・売上アップを目指すプロジェクトを実施。店内ディスプレイの提案やイベントの企画・運営を行いました。

学びの実感

  • 菅 達喜さん
    (福岡県 東福岡高等学校出身)

    流通科学部では2年次から「経営コース」「商学コース」のどちらかを選択する2コース選択制となります。私は経営者の思考や理論について学ぶ、経営コースを選択しました。私の母も個人経営をしており、もともと経営に興味があったのですが、1年次そして2年次の前学期に経営学の前田教授の講義を受けて、より深いところまで学びたいと思ったことが経営コースを選択した理由です。組織の運営に必要な知識や、その助けとなる先人の考え・理論を学び、いずれは母と同じように、経営者を目指したいと思っています。

  • 宮﨑 理恵子さん
    (福岡県 福岡女子高等学校出身)

    企業における商品開発の重要性とプロセスについて学んでおり、商品開発の基礎となる市場調査においても、ターゲットによって様々なアプローチ方法、調査方法があるなど、楽しんで知識を吸収しています。
    また、アイデアの発想法や企画書の書き方など、自分の考え発想をアウトプットする方法も学んでおり、企業が募集する商品アイデアコンテストへの応募や、有志活動への参加など積極的に活動しています。

  • 武澤 真奈美さん
    (福岡県 朝倉東高等学校出身)

    流通科学部でマーケティング、経済学、経営学、コンピュータなど様々なことを学び、自分の興味のある分野を絞っていきたいと思いこの学部を志望しました。入学してから有意義な大学生活を送りたいという思いで留学にチャレンジしました。海外留学スカラーシップ選考においてGPA(学業成績)が非常に重要となってきますので、特に1年次はどの授業も頑張りました。また、半年間大学の授業を受けれなくなるため、単位のことも考えて46単位すべて取りました。また、大学が開講している留学前英会話講座も受講し、そこでの同じ目標に向かって英語を頑張っている仲間たちとの出会いは、非常に刺激的で「私ももっと頑張ろう」という気持ちになれました。
    留学前は、ほとんど英語を話せませんでしたが、半年間の海外生活を経て語学力の向上を実感しています。今では、地元朝倉市の観光大使として朝倉市の観光地や飲食店を国内外に発信しており、そこで留学で身につけた語学力を活かすことができています。