中村学園大学・中村学園大学短期大学部

短期大学部キャリア開発学科
キャリア開発学科のカリキュラムはこちら

授業・実習

TOPICS1

「キャリア形成演習Ⅰ〜Ⅳ」で未来を生きる社会人感覚を養う

1年前学期から2年後学期までの4期にわたり開講される科目です。就職活動や編入学など近い将来のための実践的な学習から、卒業後の仕事やキャリアを築くうえでの学びや最新の社会動向などを学びます。第一線で活躍中の企業の方や卒業生がゲストスピーカーとして講演。興味深いお話が聞けます。
TOPICS2

「AIと情報リテラシー」でデジタル時代に対応できる知識を身につける

デジタル時代には必須の情報リテラシー。広い視野からAI・データサイエンスに関しての基礎的な知識を身に付けます。この授業がきっかけで身近な生活への見方が変わったり、職業選択の幅も広がるはずです。

学びの実感

  • 船場 愛香さん
    (福岡県 福岡中央高等学校出身)

    キャリア開発学科は「就職に強い」というイメージを持たれている方が多いと思いますが、「編入学」にも手厚く対応しています。私自身、就職と編入学のどちらをとるか現在は決まっておりませんが、キャリア開発学科ではそのどちらについても手厚くご指導いただいております。「就職」に向けては、簿記や文書作成、ビジネスマナー等を学ぶ授業で実践的に学んでおり、「編入」に向けては「編入学ゼミ」というゼミナールに参加し、編入学試験に必要な小論文や英語を学んでいます。先日は活動の一環として「地域貢献活動」を行いました。一見、「編入学」とは結び付きがないように感じますが、様々な活動や経験を通して得た学びが、「編入学先でどんなことをしたいのか」を明確にするヒントになったり、活動や学びを履歴書にかいたり面接でアピールできるなど、自身の強みにつながります。どちらにも精一杯取り組み、自らの進路と向き合っていきたいです。

  • 上田 有輝也さん
    (福岡県 東福岡高等学校出身)

    キャリア開発学科は先生方との距離が近いため、不安に感じたことなどを気軽に相談でき、編入についての不明点をすぐに解消することができます。私は留学を視野に入れながら、流通科学部への編入を目標にしていますが、編入への対策としてTOEICの受験や英検の受験など英語に重きを置いて勉学に励んでいます。