中村学園大学・中村学園大学短期大学部

長期留学プログラム

N-HALプログラム (Nakamura Habatake Active Learning)
語学はもちろん、学生が自ら定めた明確な目的と意欲的な目標に基づき立案した実践活動を1年間の留学生活の中で実施する留学制度です。
(留学中は、原則休学扱いとなります)
詳しくはこちら

留学体験レポート

篠隈 友美教育学部 児童幼児教育学科
【留学先】フィンランド トゥルク応用科学大学

私は現在N-HALプログラムを通じて、フィンランドにあるトゥルク応用科学大学に留学をしています。

 

語学留学は何度か経験をしているのですが、9か月間という長い期間を海外で過ごすこと、また海外の大学で勉強をすることは初めてでした。最初は緊張や不安がありましたが、良い友達や素晴らしい大学の先生方に恵まれ、充実した日々を過ごせています。今回、フィンランドへ留学することができて、本当に良かったと感じています。

 

留学を決めた理由は、英語力の向上と、世界で注目されているフィンランドの画期的な教育について、現地で学びたいと考えたからです。そのため、大学ではフィンランド語や多文化理解についての授業に加え、特別支援や若者の協同力を高めるための授業など,フィンランドの教育についても勉強しています。授業は全て英語で行われるため、ついていくのが大変だと感じることもありますが、友だちと協力しながら勉強するのはとても楽しいです。9カ月の留学期間を終えた時、自分の英語力がどれ程伸びているのか、今から楽しみです。

 

また、フィンランドでは冬はマイナス20度くらいになります。日照時間も5時間半ととても短く気分も暗くなりがちですが、そんな中でも日々を楽しく過ごすフィンランド人から、多くのことを学んでいます。

 

来月からは学校の授業とは別に、フィンランドの福祉関係の施設や小学校現場を訪問し、インタビューさせていただくつもりです。あと5か月と残りは短いですが、いろんな意味で日本と違うフィンランドで沢山のことを経験しながら、この留学を楽しみたいと思っています。

 

留学期間 2021年7月下旬~2022年4月上旬
履修科目 Juvenile Teamwork, Finnish, Special Education, Culture Journey,

Municipal Work and Community Work, Coil, RDI Project Training
単位数 26ECTS(フィンランド現地の単位数)

 

過去の留学体験レポートはこちら
流通科学部海外留学スカラーシップ [流通科学部対象]
原則、休学をせずに海外の協定校(中国・韓国・台湾・アメリカ・カナダ・オーストラリア)へ半年または1年間留学する制度です。留学先で修得した単位についても本学の条件を満たせば単位認定され、4年間で卒業できる場合もあります。
詳しくはこちら

留学体験レポート

貞兼 史果流通科学部 流通科学科
【留学先】釜山大学

私は現在、韓国に留学しています。
午前9時から午後1時まで授業があります。また、週に3・4回は担任の先生の、週に1・2回は副担任の先生の授業を受講します。

最近、正規授業では、4回のスピーキングテストが実施されました。
1・2回目は「クラスメイトと社員募集」、「食べ物の紹介や効果」のテーマでパワーポイントを使用して3~5分の韓国語でのプレゼンテーションを実施し、
3回目は「1泊2日の旅行プラン」について、5~7分のプレゼンテーションを実施しました。
4回目は二人一組のペアになり、販売員と買い物客という設定でセールを行うという内容を発表しました。

教科書の内容は、会話、readingspeaking、読みとり、聞き取り、作文、ことわざの部門に分かれています。ことわざの授業はクラスメイトと一つのことわざを使うための会話を10個作り、覚えて発表する内容です。

また正規授業以外にも3級以上のクラスがTOPIKの対策授業を受けることができ、私は3週間TOPICの対策授業を受講しました。試験の解き方を教えてもらったり、時間を図って模擬テストしたりしました。

今後、留学期間中には学部での単位取得を目指して、語学力アップに取り組みつつ、韓国・日本の市場調査を実施し、特に韓国という場所における流通や販売促進に関する知識を深めていきたいと思っています。

過去の留学体験レポートはこちら
食のスペシャリストを目指す!ダブルディグリー留学プログラム[フード・マネジメント学科対象]
協定校であるハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(以下KCC)に1年間留学することにより、本学(学士)及びKCC(Associate Degree)の2つの学位(ダブルディグリー)を取得し、最短4年間での卒業を目指す留学制度です。
詳しくはこちら

留学体験レポート

岡﨑 有里子栄養科学部 フード・マネジメント学科
【留学先】アメリカ ハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ

令和3年8月からハワイ大学カピオラニ校で学位取得を目指し、調理学と英語の勉強をしています。

現在Culinaryのクラスを受講しており、先日はスパイスから自分で準備してフライドチキンを作りました。日本料理とは異なるスパイスの知識やシェフのサステイナブルな考えなどに触れ、毎日刺激を受けています。学位取得に必要な英語のクラスでは新聞記事やビデオ視聴をもとに書くエッセイなどに取り組み、他の国の学生とのディスカッションを通して少しずつ英語や多文化への理解を深めています。英語で授業を受けるのは難しいですが、勉強に対するモチベーションが高いクラスメイトに感化されながら頑張っています。

ハワイはきれいなビーチや山も多く、サーフィンやハイキングなどのアクティビティを通して更に自然が好きになりました。また仕事や勉強を頑張りながら休日はしっかり自然を楽しむハワイの人々の生活スタイルはとても印象的です。それに加えて、ハワイには様々なジャンルの料理があるため、ファーマーズマーケットでの買い物やレストランでの食事がとても楽しいです。残りの留学生活では料理だけでなく、店づくりや人々の価値観など、食を取り巻くバックグラウンドを学びたいです。また、留学の集大成として225時間の食関連企業でのインターンシップにも参加します。そのためにも授業やクラスメイトとの会話を通して、更なる英語の習得に励みたいです。

過去の留学体験レポートはこちら

短期留学プログラム

海外研修(夏・春)[全学部対象]
英語圏の短期研修プログラムで、ホームステイをしながら春夏に3週間程度、アメリカもしくはオーストラリアの協定校で語学研修とフィールドワークに参加します。海外文化や国際情勢を理解するとともに、今まで身につけた英語力を実践的に活用できる絶好の機会です。
詳しくはこちら

留学体験レポート

舎利倉 朱真流通科学部 流通科学科
【留学先】アメリカ デラウェア大学

3週間(2019/8/24~9/15)の短期留学は、あっという間でした。デラウェア大学はとても大きく、大学がひとつの街のようで、毎日ワクワクしていました。スピーキングとリスニング、リーディングとライティングの2つ授業を受講し、多くの学びや気づきがありました。最も大きな気づきは、日本人はスピーキングがなかなかできないということです。教育課程の中で時間が少ないことも一因かもしれませんが、他国の人と比べると明らかに劣っており、私自身もスピーキングに一番苦戦しました。できないことが辛く、恥ずかしいと思いましたが、現地の先生や留学生はそれを受け止めてくれ、逆に褒めてくれました。本当に苦労しましたが、それ以上にもっと頑張りたいという向上心の方が強かったです。

たくさんの人と出会いたい、友達を作りたいと思っていた3週間でしたが、その2つの目的を結ぶ手段が「話す」ことだと分かりました。日本に帰った今、英語を話す勉強にもっと力を入れていきたいです。そのためにも様々な国際交流の場に参加していきたいと思います。また、わずかですが、デラウェアでできた友達と今後も関わっていきたいと思っています。

過去の留学体験レポートはこちら
台湾協定校研修 [全学部対象]
台湾の文化に触れながら、アジアへの理解や近隣諸国との良好な交流を深めることを目的とした8日間の研修です。現地での活動としては、協定校での学生交流、台湾企業の訪問、フィールドワークを予定しています。
詳しくはこちら

留学体験レポート

山口 花梨栄養科学部 フード・マネジメント学科
【留学先】台湾・美和科技大学、玄奘大学、長栄大学

 

2019年3月5日~13日の9日間、台北、新竹、台南、屛東、高雄での台湾協定校研修に参加しました。
現地では、3大学を訪れ各協定校の学生達との交流や市内観光で台湾の文化に触れました。

今回の研修で最も印象的だったことは、屛東でのホームステイ体験です。中国語は挨拶程度しかできないので会話は少し苦労しましたが、簡単な英語やボディーランゲージを使って会話することができ楽しかったです。また、「台湾名物」バイクに乗って買い物に行くなどホームステイでしかできない日常生活を垣間見ることができました。

9日間はあっという間でしたが、多くのことを学び充実した生活を送ることができ参加して本当に良かったと思います。語学力は大切であると改めて実感すると同時に、頑張って相手に伝える努力をすることも大切だとわかりました。今回の経験を生かして普段からさまざまな人と積極的にコミュニケーションをとるよう心がけていきます。

過去の留学体験レポートはこちら
海外で学ぼう!スタートアップ研修in韓国 [全学部対象]
韓国の協定校である東元大学校で行う8日間の研修です。本研修では、現地学生と交流をしながら、韓国語の習得・異文化理解、現地企業訪問を行い、外国人と積極的にコミュニケーションをとることができる人材育成を目指しています。
詳しくはこちら

留学体験レポート

森田 真理子短期大学部 キャリア開発学科
【留学先】韓国 東元大学校

韓国に8日間、異文化理解を目的とした研修に参加しました。非常に短期間ではありましたが、東元大学訪問やホームステイ、企業訪問などぎっしりと内容の詰まった研修だったと思います。

私が研修に参加した理由は、短大は学生生活が短いので、短い中でも何か自分から挑戦したいと考えていたからです。高校生の頃から韓国の文化に興味があったので、この研修が私にぴったりだと思いました。
特に印象深い体験は、韓国の家庭に2泊3日でホームステイしたことです。日本語はほとんど通じず英語と韓国語でのやりとりで、はじめのうちはホストファミリーに話しかけてもらうばかりでした。食事を共にしたり観光地を一緒に回ったりするうちに、質問やその時感じたことを簡単な英語や韓国語で伝えるようになりました。韓国の方は、語学力のある人、自分から積極的にコミュニケーションをとろうとする人が多かったのでそこから刺激をもらえたと思います。

韓国研修のメリットとしては、短期間なので費用が比較的安い、言語に自信がなくても気軽に参加できる、積極性を伸ばすことができる、韓国人の友達ができる、などがあります。私は研修後も韓国でできた友達や、一緒に研修に参加した他学科の先輩と連絡を取っていたりして、交友関係を広げることができたことが一番のメリットだったと思います。そしてこのような体験は学生生活の思い出になります。気軽に挑戦してみてください。

過去の留学体験レポートはこちら
グローバルリンクプロジェクト
フード・ビジネス展開のための海外食文化研修
トビタテ! 留学JAPAN
詳しくはこちら

留学体験レポート

梶 礼華教育学部 児童幼児教育学科
【留学先】イギリス

 私は、1年時に大学主催の海外研修で訪れた英国により長く滞在し、伝統と多様性が融合する英国の暮らしを学びながら、英国の福祉やパラリンピックに対する取り組みについて学びたかったため、英国で半年間ボランティア・調査留学をしました。身体障がいのある人々が暮らす施設や、地域の障がい者スポーツ団体でのボランティア、パラリンピックに関する調査等の実践活動を通して、多様性の生きる社会について考えると同時に「自分らしさ」についてより深く考えることが出来ました。

また「社会や世界をよりよくしたい」という同じ思いを持ちながら、全く異なる分野で活躍する友人がたくさんでき、今でもそのつながりは活動や思考を広げてくれる貴重な存在となっています。

過去の留学体験レポートはこちら