中村学園大学・中村学園大学短期大学部

  • アニマルセンターは、1990年4月栄養科学研究科の設置にともない、健康維持、疾病予防および病態生理に関する栄養科学的研究を目的として、1991年4月に解説されました。
    現在では、本大学(含む短期大学部)における栄養学のみならず、広く生命科学の分野の研究と教育を支援するための施設となっております。

動物実験について

当アニマルセンターは実験動物を飼育管理し、必要な実験設備の整備提供をしています。
動物を用いた研究を始めるにあたっては、本学動物実験委員会の審査と承認が必要であり、承認後の飼育や実験に対しては、倫理規定となる「中村学園大学(含む短期大学部)動物実験に関する規程」に基づき実施しなければなりません。また、アニマルセンターの利用にあたっては、毎年年度始めに開催される講習会を受講すれば、受講者のみに利用許可が出されます。

アニマルセンターに関する
学内規程等

入館者数

利用月 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
4月 102 48 84 6 69
5月 191 88 122 146 128
6月 122 195 17 204 123
7月 93 206 123 205 166
8月 49 83 37 81 62
9月 47 60 47 77 79
10月 29 74 67 44 104
11月 46 70 87 114 83
12月 20 67 61 61 84
1月 18 61 22 53 79
2月 63 66 19 74 52
3月 45 45 6 78 37
合計 825 1,063 692 1,143 1,066

[2020年3月31日現在]

  • 動物実験の実施状況 [2020年3月31日現在]

    (1)動物実験研究計画書

    • 承認件数 27件(うち2019年度新規3件含む)
    • 実施件数 22件(うち2019年度新規3件含む)

    (2)研究内容

    • 栄養学的実験
    • 発がん実験
    • 生理学的実験
    • 代謝実験
  • 実験動物の飼養保管状況 [2020年3月31日現在]

    動物別のべ飼育匹数*

    動物種 2017年度 2018年度 2019年度
    マウス 70,059 61,956 61,215
    ラット 29,713 31,922 31,775
    モルモット     112
    合計 99,772 93,878 93,102

    * のべ飼育匹数=匹数×飼育日数

メッセージ

アニマルセンター長
古賀 信幸(栄養科学部 教授)

アニマルセンターは、1990年4月栄養科学研究科の開設にともない、健康維持、疾病予防および病態生理に関する栄養科学的研究を目的として、1991年4月に新設されました。現在では、本大学(含む短期大学部)における栄養学のみならず、広く生命科学の分野の研究と教育を支援するための施設となっております。

動物実験は、ヒトと実験動物の生物としての共通性を前提とし、ヒトに代わって組織、器官および細胞レベルから、個体レベルまでの反応を動物で解析するもので、得られた結果は最終的にヒトに応用されなければなりません。
アニマルセンターは開設以来、本学における研究と教育の発展に大いに貢献していますが、今後も実験動物の適正な飼育・管理を行い、皆様の研究をより強く支援していく所存であります。

なお、本アニマルセンターは2018年日本実験動物学会による外部検証の結果、「適」との評価を受けております。