中村学園大学・中村学園大学短期大学部

栄養科学部栄養科学科
栄養科学部 栄養科学科の
カリキュラムはこちら

授業・実習

TOPICS1

医療現場で栄養サポートチームの一員として働く
管理栄養士の実践授業

「模擬患者実習」では、管理栄養士を想定して食事療法を具体的に指導する。
患者の症状や会話を再現できるように訓練を受けた「模擬患者」を教育協力者に栄養相談を行い、医療現場で働く管理栄養士の仕事を実践的に学びます。患者さんとの信頼関係を築くためのコミュニケーションも体験できる機会です。
TOPICS2

小児糖尿病サマーキャンプ

「小児糖尿病サマーキャンプ」で子どもたちのために学生たちが力を合わせて食事を提供。
小児糖尿病の子どもたちを対象にしたサマーキャンプに、ボランティアの栄養管理スタッフとして参加。エネルギー計算や栄養バランスの取れた献立を事前に考え、当日は子どもたちとスタッフの食事をチームで調理します。

学びの実感

  • 田中 生真さん
    (福岡県 光陵高等学校出身)

    ナカムラではクラス制があるおかげで先生達との距離が近くわかりづらかったところや疑問に感じたところを質問しやすい環境です。今はコロナで少ないですが講演会や外部の先生が来られての講義なども多く、たくさんの経験をさせていただいてます。将来は、スポーツ業界でトップアスリートに栄養面でのサポートをできるように大学院に進学してより専門性を高めていきたいと考えています。

  • 堺 友佳理さん
    (福岡県 福岡高等学校出身)

    私の目標は、管理栄養士の資格、さらに栄養教諭と中・高の家庭科教諭の免許を取得することです。栄養教諭は給食の責任者であり、栄養に関する授業も行うため、給食と授業どちらの面でも子どもたちと関わることができます。大学の授業では、給食だよりを作成したり、食に関する指導の指導案を作成したりするなど将来役に立つ内容ばかりです。また、家庭科教諭になるためには栄養のことだけではなく、住居や衣服など幅広い分野を学ばなければならないので、自分たちで中学校の教科書から問題を作り、解説することで中学校の範囲を幅広く学習するようにしています。教職科目も含めると授業数が多く大変ですが、やるべきことの順序や、どうしたら効率よく時間を使えるかを考えて取り組んでいます。
    ナカムラの先生は、頑張りを認めて評価してくれます。細かく学生を見ていて、声をかけてくださったり、相談に乗ってくださったりと親身になってくれます。先生のアドバイスは的確で、自分の甘えや未熟さに気づかせてくれます。この先生のようになりたい、ついていきたいと思える先生ばかりで、この大学に入学して本当によかったと思っています。

  • 渕田 葉月さん
    (鹿児島県 指宿高等学校出身)

    中学生の頃からずっと食べることが大好きで管理栄養士を志していました。実験や調理の設備が整っており、専門性の高い先生方や、高い国家試験合格率・就職率、夏のオープンキャンパスで先輩方の大学ライフについて話を聞きナカムラに入学したいと考えました。ナカムラでは多くの人に食べる楽しさを感じてもらえるような管理栄養士を目指しています。
    保育園に臨地実習に行った際は、離乳食やアレルギー食、3歳児以上の食事などを作らせていただいたのですが、調理実習で学んだ「離乳食の野菜の硬さはこれぐらい。」「切り方はこれぐらいの大きさ。」「アレルギー食は代用出来る食材を上手に活用し、普通食と変わらないような味付けにする。」など、子供の成長の特徴や必要な栄養素などの知識が実践でも意識でき、スムーズに調理に取り組むことが出来ました。ただ教科書を読むだけではなく、実際の体験を通して知識をより深く実感できたことが、強く記憶に残っています。 自分が授業や実習で感じた驚きやひらめきを大切にして、今後の学生生活に精一杯活かしていきたいです。