中村学園大学・中村学園大学短期大学部

短期大学部キャリア開発学科

特徴PICK UP

1必修科目「プロジェクト実践」で実体験から学ぶ

科目内に「インターンシップ」「おもてなし研修」「探究学習(編入学対策)」の3つのコースを設定。自身の関心や進路に応じて選択し、キャンパスの外でも知識・スキルを磨きます。

2即戦力として活躍するためのビジネスマナー実習

学園マナー「Nakamura Style」を徹底し、週に一度スーツで登校する「ビジネスデイ」で日常生活からもマナーを習慣化しているのが特徴です。

34年制大学への編入学をサポート

「編入学特別支援プログラム」を設け、中村学園大学をはじめ4年制大学への編入を目指す学生へ専門科目の指導や小論文、面接対策の支援をしています。

4キャリアサポート講座で資格取得を支援

秘書・簿記・パソコンに関する公的資格取得を支援する「キャリアサポート講座」を開講。毎年多くの学生が3種類以上の資格を取得し、希望する業界、職種への就職を実現しています。

5入学試験合格者を対象にした「プレカレッジ(入学前教育)」を実施
プレカレッジ課題提出要領

メッセージ

学科主任メッセージ

キャリア開発学科は、本学園のなかで長い歴史をもつ学科のひとつです。家政科、家政経済科、キャリア開発学科と名称は変わりましたが、一貫して「仕事」「家庭」「社会」をバランスよく学び、人生(キャリア)を豊かに生きていく人材を育成してきました。この学びの方向性は今でも変わりません。本学科の学びを経て、現在、多くの卒業生がそれぞれの場所で元気に活躍をしています。

「しつけの中村」を実践する本学科を「ちょっと堅苦しい」と感じるかもしれません。しかし、社会に出て生活するうえで人間関係を良好に保つには基本的なマナーは大切なものです。「当たり前のことを当たり前にできる人」が本学科の求める人物像です。
さして本学科では、キャンパス内外でのさまざまな活動(インターンシップ、海外研修、フィールドワークなど)に参加することを学生に奨励しています。在学中は学内での学修や資格取得はもとより、それらの活動を通して主体的・積極的に学び、視野を広げ、国内外の多様な人々と出会い、協働する力も身に付けて卒業することを期待しています。
「学科の特徴」から本学科の取り組みやサポート体制などをご覧いただき、私たちの教育をご理解いただければ幸甚に存じます。

キャリア開発学科
学科主任岸川 公紀